ハーモニーホール座間オペラワークショップ参加作品 歌劇《愛の妙薬》

日曜の午後には“愛のオペラ・ブッファ”をどうぞ


 小田急線相武台前駅から歩いて約15分。豊かな自然に恵まれた絶好のロケーションにあるのが「ハーモニーホール座間」だ。“森の音楽堂”をコンセプトとして1995年に建てられた同ホールの大ホールは客席約1300、内装は主に木材を使用し、柔らかで温もりのあるトーンと1.7秒という残響が魅力的で、本格的なクラシック音楽コンサートに最適なのだ。オペラ上演も可能で、この9月には《愛の妙薬》の舞台上演が行われるのが嬉しい。同オペラは言うまでもなく、〈人知れぬ涙〉で知られるドニゼッティの名作。“媚薬”(実際はただの赤ワイン)のおかげでハッピーエンドを迎える若いカップルを描くコメディ。鈴木和音(アディーナ)、藤牧正充(ネモリーノ)、月野進(ベルコーレ)はじめ、個性あふれる実力派が集結、合唱にはオペラワークショップ参加者も加わる。演出には「すべてのAmore(愛)をお届けします」と熱っぽく語る古川寛泰、指揮は粂原裕介が務める。管弦楽がイタリア・オペラを得意とするテアトロ・ジーリオ・ショウワ・オーケストラというのも贅沢だ。
文:城間 勉
(ぶらあぼ2018年8月号より)

2018.9/2(日)14:00 ハーモニーホール座間
問:ハーモニーホール座間046-255-1100
http://www.ny.airnet.ne.jp/harmony/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勉強することが好き。調べることが好き〜アマランタをめぐって| ヴィタリの心の歌 第6回
      on 2020/01/24 at 02:49

      F.P.トスティの作品は歌曲だけでも350以上です。あるインタビューのときに「トスティの歌曲の魅力、彼の特徴は何ですか?」と聞かれて、私はすぐに答えました。「トスティの歌曲の中で美しくない曲はありません」。 もちろん、「ラ・セレナータ」「マレキアーレ」など、カンツォーネのような曲が一番知られているけれど、トスティの素晴らしい才能をきちんと理解するためには彼の芸術歌曲を聴いた方がいいと思います。特に [&#8230 […]