西脇義訓(指揮) デア・リング東京オーケストラ

“ここにしかない響き”を初体験!

西脇義訓

 あの「デア・リング東京オーケストラ」が、デビュー・コンサートを行う! 彼らは、N&Fの録音プロデューサー・西脇義訓が、録音を主目的として2013年に創設した、若手中心のプロ楽団。奏者は全員客席に向って座る、弦楽は弦楽四重奏のセットで座る、ボウイングは自由等々、常識外の発想のもとで、バイロイト祝祭劇場の音(名称も《指環》に由来)や、ホールを1つの楽器として響かせる“空間力”を目指してきた。指揮者を兼ねる西脇は自らを「ファシリテーター(促進者)」と位置づけ、団員には「自発性を持ち、オケ全体の音を聴いて合わせる」ことを要求。5枚のCDをリリースし、独自の演奏で話題を集めてきたが、今回ついに新録音の最終日が一般公開される。演目は、メンデルスゾーンの「イタリア」、ベートーヴェンの第7番の両交響曲他。チケット購入者には、ハイドンの「ロンドン」とモーツァルトの「パリ」交響曲を収めた最新CD(柔らかく活気に充ちた演奏だ)が会場で渡される。すべてに興味津々の本公演で、“どこにもない響き”を体験したい。
文:柴田克彦
(ぶらあぼ2018年8月号より)

2018.8/31(金)16:00 三鷹市芸術文化センター 風のホール
問:クレオム03-6804-6526
http://finenf.jimdo.com/home/デア-リング東京オーケストラ/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勉強することが好き。調べることが好き〜アマランタをめぐって| ヴィタリの心の歌 第6回
      on 2020/01/24 at 02:49

      F.P.トスティの作品は歌曲だけでも350以上です。あるインタビューのときに「トスティの歌曲の魅力、彼の特徴は何ですか?」と聞かれて、私はすぐに答えました。「トスティの歌曲の中で美しくない曲はありません」。 もちろん、「ラ・セレナータ」「マレキアーレ」など、カンツォーネのような曲が一番知られているけれど、トスティの素晴らしい才能をきちんと理解するためには彼の芸術歌曲を聴いた方がいいと思います。特に [&#8230 […]