フライブルク・バロック・オーケストラ mit キャロリン・サンプソン(ソプラノ)

バロック・コンチェルトの精髄とカンタータの愉楽


 音楽への迸る思いを保ち続け、昨年には創立30周年の節目を迎えたフライブルク・バロック・オーケストラ(FBO)。たとえ手垢が付いたような“名曲”も、豊かな創意と丁寧なアプローチによって、まるで初演のように瑞々しく響かせる彼らが、私たちを「バッハ家の夜の音楽会」へと招待してくれる。
 宮廷楽団や教会の楽長を務め、作曲や演奏を“生業”としていたバッハ。しかし、後半生を過ごしたライプツィヒでは、中心街にあったカフェ・ツィンマーマンで、毎週末、演奏団体「コレギウム・ムジクム」を率いて自主的にコンサートを開催するなど、損得勘定を抜きにした“音楽愛好家”としての一面も持ち併せていた。
 今回の来日公演で軸となるのは、イギリスの名ソプラノ、キャロリン・サンプソンを迎えての、2つのソロ・カンタータ。罪の嘆きから平安へと至る「わが心は血にまみれ」と、友人の婚礼のために書かれた“結婚カンタータ”こと「いまぞ去れ、悲しみの影よ」は、生前のバッハが何度も再演したが、優れたソプラノ歌手だった妻アンナ・マグダレーナも、きっと歌ったに違いない。
 さらに、「オーボエとヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV1060a」と、バッハの父の従兄弟の息子、すなわち“はとこ”で、アイゼナハの教会オルガニストを務めていたヨハン・ベルンハルト・バッハの「管弦楽組曲第2番」を披露。これら2曲は、バッハ自身が「コレギウム・ムジクム」のステージで、取り上げていたとされる。「奏でる喜び」に満ちた佳品の数々を、じっくり味わいたい。
文:寺西 肇
(ぶらあぼ2018年8月号より)

2018.10/22(月)19:00 トッパンホール
問:トッパンホールチケットセンター03-5840-2222 
http://www.toppanhall.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 「La Valse by ぶらあぼ」アクセス障害につきまして(復旧しました)
      on 2019/08/23 at 19:00

      2019/08/23(金)13時頃より、AWSサーバーにて大規模な通信障害が発生し、 本WEBサイト「La Valse by ぶらあぼ」が閲覧ができない状況となっておりましたが、2019/08/24(土)3時に復旧いたしました。ご不便をおかけして大変申し訳ございませんでした。 本対応にともない、障害の前後の時間帯にご登録頂いた一部のユーザーの方を対象に会員の再登録のお願いしております。対象となる方 [&#8230 […]