アフィニス夏の音楽祭2018 山形

一流演奏家の音楽創りの過程を体験できる夏の祭典

昨年の合同オーケストラ演奏会(指揮:秋山和慶)
Photo:K.Miura

 2009年から広島と山形で交互に開催されているセミナー音楽祭「アフィニス夏の音楽祭」。すでに国内のプロオーケストラ等で活動している奏者が参加者として集い、世界のトップ団体で活躍する招聘演奏家たちの指導を受ける「セミナー」を重ねながら、演奏会に向けて共に音楽を創りあげていくという、独自性の高い活動を特色としている。音楽監督の四方恭子(東京都交響楽団ソロ・コンサートマスター)や、ドイツの名門オーケストラの現役首席奏者をはじめとした名匠たちが指導を務める。
 「セミナー」にはアンサンブルやオーケストラの指導のほか、招聘演奏家が設定したテーマによるワークショップなどがあり、これらが公開される(一部非公開)。プロのレベルの音楽創りや指導法が見られるのは刺激的な時間になるし、その成果が演奏会として披露されることで、奏者にも聴衆にも心に残る体験となるはず。
 今年は山形での開催で、2回の室内楽演奏会などのほか、最終日には秋山和慶指揮で山形交響楽団&アフィニス祝祭管弦楽団の合同オーケストラ演奏会も行われ、R.シュトラウス「ドン・ファン」やプロコフィエフ「ロメオとジュリエット」組曲より抜粋などが披露される。そして今回は関連公演として長岡特別演奏会も開かれる。実は来年から同音楽祭の開催地が長岡に移り、音楽監督に川崎洋介(オタワ・ナショナルアーツセンター管弦楽団コンサートマスター)が新たに就任する予定。今回の長岡公演にはその川崎も出演し、一足先に音楽祭の空気を持ち込んでくれる。
文:林 昌英
(ぶらあぼ2018年7月号より)

アフィニス夏の音楽祭2018 山形
2018.8/19(日)〜8/26(日) 山形まなび館、文翔館 議場ホール、山形テルサ 他
長岡特別演奏会
2018.8/28(火)19:00 長岡リリックホール
問:アフィニス文化財団 事務局03-5797-7135
  長岡市芸術文化振興財団 事業課0258-29-7715(8/28のみ) 
http://www.affinis.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]