TOKYO MET SaLaD MUSIC FESTIIVAL 2018 [サラダ音楽祭]開催

 東京都と東京都交響楽団(以下、都響)は、東京芸術劇場や豊島区と連携し、新たな音楽祭TOKYO MET SaLaD MUSIC FESTIVAL 2018[サラダ音楽祭]をこの9月17日(月・祝)に初開催する。2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向け気運を盛り上げるため、1964年の東京オリンピックを記念して創設された都響の演奏を中心に据え、音楽やダンスなど様々なアートを世界に発信し、同時に都市の豊かさが感じられる機会を多くの人に提供することを目指すという。大人から幼児まで広い層が体感できる多彩で楽しい文字通り“サラダ”のようなイベントとなる。会場は東京芸術劇場。大野和士指揮都響と近藤良平率いるダンス集団・コンドルズ、東京少年少女合唱隊がブラームスやストラヴィンスキーなどクラシック音楽からゲーム・ミュージック、ディズニーの音楽までをダンス付きで繰り広げる「OK! オーケストラ」や小池百合子知事のタクトで開幕する「音楽祭メインコンサート〈プルミエ・ガラ〉」のほか、会場周辺での無料のコンサートやワークショップなど21公演が予定されている。
(ぶらあぼ2018年7月号より)

サラダ音楽祭
http://salad-music-fes.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 映画『蜜蜂と遠雷』特集 | 直木賞作家・恩田 陸 インタビュー(2)
      on 2019/09/12 at 22:30

      interview & text:オヤマダアツシ photos:M.Otsuka/Tokyo MDE ピアノコンクールを巡るさまざまなことを克明に描く中で、音楽のもつ限りないパワーや、人の心の機微などを描いた『蜜蜂と遠雷』。原作者である恩田陸も絶賛する映画化が実現し、主要キャストである4人の俳優、さらにはそれぞれの演奏を担当したピアニストたちが早くも注目を集めている。後半では映画についての印象をお [&#8230 […]