ザハール・ブロン(ヴァイオリン)& 服部百音(ヴァイオリン)

名教師と愛弟子たちが繰り広げる豪華なステージ

 世界的ヴァイオリニスト、ワディム・レーピンが芸術監督を務める「トランス=シベリア芸術祭」が、昨年に続き日本で開催される。今回はレーピンの師匠、ザハール・ブロンが昨年70歳を迎えたことを記念し、教え子たちが師を囲んで祝う豪華なガラ・コンサートが実現する。名教師ブロンの指導を受けて飛躍し、世界で活躍中の名ヴァイオリニストは枚挙に暇がないが、本公演にはレーピン、ベルリン・フィルの第1コンサートマスター樫本大進、10代にしてすでに国際的な舞台での活躍著しい服部百音、わずか12歳の新星パロマ・ソーと、世代の異なる名手たちがそろう。この舞台への意気込みをブロンと服部が語った。
ブロン「私はソロと指揮を担当します。4世代の弟子たちが出演しますが、それぞれ本当に個性的。内容豊かな『音楽の奇跡』を感じていただけるコンサートになると思います」
服部「ブロン先生と門下4人が世代を越えて同じ場所に集い、その一員として弾かせていただくことは、本当に光栄で幸せです」
 服部はブロンがその才能を高く評価する逸材で、本公演でも超絶技巧の大作、ヴィエニャフスキ「ファウスト・ファンタジー」を託された。しかし彼女は自分のこと以上に、敬愛するブロンを讃える舞台に立てる喜びを語る。
服部「私は先生の音楽、ご指導、そして芸術家としての生き方そのものにとても感銘を受けていて、同じ舞台は緊張するどころか、見守られているような安心感があります。ご指導の場では分析・理論を重視し、本当に音楽を熟知されていて圧倒されます。お手本で弾いてくださる音も大好きで、私はブロン先生の熱烈なファンでもあるのです」
 本公演は4人の門下生の饗宴のみならず、ロシア伝統の奏法や表現を伝える“演奏家”ブロンを、ラヴェル「ツィガーヌ」など複数の楽曲で体験できるのも注目となっている。彼は含蓄豊かな言葉でソロとアンサンブルの違いを表現する。
ブロン「ソロでの演奏とは、いわば『音楽そのものとのアンサンブル』です。作曲家が込めたアイディア、演奏中に生じるインスピレーションなど、様々な発見が演奏過程に生まれてくるわけで、その意味ではアンサンブルと同じだと考えています。一方、重奏は共演者との音楽上のディスカッションの場であり、その中で音楽がより豊かになっていくのです」
 ブロンは他にも指導論、日本人の気質など、示唆に富む話が尽きなかったが、「優劣なく全員大好き」という教え子たちへの深い愛情、そして音楽への誠実な姿勢が貫かれていた。本公演は服部たちの名技と共に、受け継がれる伝統と、その融合が生み出す“音楽の奇跡”を目の当たりにする一夜となる。
取材・文:林 昌英
(ぶらあぼ2018年6月号より)

トランス=シベリア芸術祭 in Japan 2018 スーパー☆ヴァイオリニスト 夢の饗宴
2018.6/29(金)19:00 Bunkamuraオーチャードホール
問:Bunkamuraチケットセンター03-3477-9999 
http://www.bunkamura.co.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • マエストロのレシピ まとめ
      on 2019/10/23 at 04:14

      職業柄、旅に出ることが多く、仕事の合間を縫って食材を作っている現場に赴くこともあると語るマエストロ・曽我大介。 このコラムでは、彼が情熱を抱きながら調理している鉄板レシピを、その料理にまつわるエピソードやライフスタイルとともにご紹介しています。 マエストロのレシピ 菜の花とアサリとベーコンのスパゲッティ | マエストロのレシピ Vol.1 シューマンの「春」を譜読みしていたマエストロが、春のヨーロ [&#8230 […]