橋本弦法 テノール・リサイタル シューマンの夕べ

聴き手の心を揺さぶる魂の歌声

 聴衆は、幸せな出逢いの“目撃者”ともなろう。ドイツ仕込みの魂の歌声で聴く者の心を揺さぶる実力派テノール、橋本弦法。そして、国際的な登竜門で実績を積み、現在は日本を拠点とするロシア人ピアニスト、エフゲニー・ザラフィアンツ。2人の名手が、シューマンのたおやかな旋律を紡ぐ。
 東京藝大博士課程でシューマンを研究し、修了後に渡独してミュンヘン音大に学び、オスナブリュック歌劇場の専属歌手を務める一方、独墺で広く活動を展開した橋本。現在は「東京インターナショナル音楽声楽アカデミー」を主宰、独自の理論に基づく指導で、海外に羽ばたく俊英を輩出している。
 グリンカ音楽院・同大学院などに学び、ポゴレリッチ国際第2位などコンクール入賞を重ねて、国際的な演奏活動の傍ら、愛知県立芸大で客員教授を務めるザラフィアンツとのリサイタル。ハイネの名詩による「詩人の恋」をはじめ、シューマンのリートの佳品の数々をたっぷりと。さらに、ザラフィアンツがソロで「森の情景」を添える。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2018年5月号より)

2018.5/20(日)18:00 東京オペラシティ リサイタルホール
問:東京声楽フレンズフォーラム080-5037-9189 
http://www.tioa.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]