郡 愛子(メゾソプラノ)

ジャンルを超えた“しあわせ”を呼ぶこころの歌

 「温かく且つ愁いに満ちたメゾ・ソプラノの歌声」、「繊細且つ圧倒的な内面の表現力」、そして「大らかで誰からも愛される人間性」…歌い手としてのこの貴重な資質に恵まれた郡愛子による、感動と幸せに満ちたステージを実現しよう…という目的で、「郡愛子コンサートプロジェクト」は、1995年の東京芸術劇場大ホールにおける「郡愛子20周年記念リサイタル〜ときめきに今!」の成功を契機に発足。それ以降、2015年に開催した「郡愛子40周年記念リサイタル〜愛といのちを歌う」までの20年間は、「今を生きる人たちが心の深奥でいちばん求めているものは何か…」、「人間にとっていちばん大切なものは何か…」を常に念頭に置き、ジャンルを超えた楽曲で構成する自主リサイタルを、郡はほぼ毎年続けてきた。
 昨年4月に日本オペラ協会の総監督に就任し、現在は日本オペラの振興と発展に努める郡愛子だが「自身が携わるオペラでは、一人でも多くの歌い手が出演の機会に恵まれるように、自分は出演しないつもり」でいる。だがもう一方では、郡なりの歌い手としての使命感はますます膨らみ、これまで続けてきた自主リサイタルに傾ける情熱も半端ではない。
「今が混沌とした時代だからこそ、私たち人間がともすれば忘れがちな大切なことを、歌を通して伝えていくという、歌い手としての責任も痛切に感じる」
 「しあわせの道標(みちしるべ)」と題した本リサイタルの演奏編成は、郡のレギュラー・ピアニストでもある松本康子をリーダーとして、郡の40周年記念リサイタルでも共演した藤原歌劇団クアットロアリア(男声アンサンブル=4名)、そして歌い手でもある異色の尺八奏者・阿部大輔の6名から成る。
 演奏楽曲は、なかにし礼作・台本のオペラ《静と義経》の初演で郡がかつて静の母・磯の禅師役で出演し歌った〈都へかえりましょう〉、美内すずえ原作の漫画に基づく『アマテラス』のアルバム収録で歌った〈新世界〜ASCENSION〉、大林宣彦監督の映画『はるか、ノスタルジィ』で流れた郡による歌〈やるせないアリア〉、そして日本オペラ協会総監督として、新シリーズの第1回目に上演した《ミスター・シンデレラ》のフィナーレで歌われた〈ある朝、人生を振り返ったとき〉など、エピソードが一杯詰め込まれた作品群。歌の内容がどこかこのリサイタルのテーマと重なるものばかりだ。
「無償の愛、出会いと別れ、救済、身近なしあわせ等の様々なテーマやメッセージが込められている、ジャンルを超えた歌たちを通して、そっと“しあわせ”に触れたい」
 日本オペラ協会は今年度創立60周年を迎えたが、《静と義経》がその記念公演に決まっており、郡はこのリサイタルにおいてもその公演に繋げることも忘れない。
取材・文:室田尚子
(ぶらあぼ2018年5月号より)

郡 愛子リサイタル2018 しあわせの道標
2018.5/13(日)14:30 よみうり大手町ホール
問:グローバルアーツ03-5981-9175 
http://koriaiko.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]