Music Program TOKYO プラチナ・シリーズ3 アントニオ・メネセス(チェロ)

名匠と愉しむ世界の“名作の旅”

 「“楽器同士の対話”ですね」。アンサンブルに最も大切なことを尋ねると、名チェリストのアントニオ・メネセスは答えた。「ある作品が、ひとつの楽器のために書かれたように聴こえるよう、常に心掛けています」。
 ソリストとして国際的に活躍する一方、「ボザール・トリオ」の一員として、室内楽の歴史に偉大な足跡を記した巨匠。日本が誇る名手・田村響と共演する来日公演で、チェロとピアノによるデュオの真髄に迫る。
 ブラジル出身。1977年にミュンヘン、82年にチャイコフスキーと2大難関国際コンクールを制した。50年余にわたる活動の末、2008年に「ボザール・トリオ」が解散した後も、精力的な活動を展開。世界の檜舞台で名演を紡ぎ続ける。
 今回は、ショパンとドビュッシーの名ソナタをはじめ、ベートーヴェン「ヘンデルの『ユダス・マカベウス』の主題による変奏曲」、バッハ「トッカータ BWV564」からアダージョ、ヴィラ=ロボスの「ブラジル風バッハ第2番」やアルゼンチンのヒナステラによる「パンペアーナ第2番」など南米の作品まで、多彩に披露する。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2017年11月号より)

2017.11/21(火)19:00 東京文化会館(小)
問:東京文化会館チケットサービス03-5685-0650
http://www.t-bunka.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]