トッパンホール17周年記念 バースデーコンサート シュニトケ&ショスタコーヴィチ プロジェクト1――室内楽


 体制がもたらす歪みと闘いながら、芸術作品を生み出す…これはいかなる結果を導くのだろうか? かくもシリアスなテーマを抉り、旧ソ連の超ディープな作品のみを聴かせる公演が、トッパンホールの「シュニトケ&ショスタコーヴィチ プロジェクト1——室内楽」。これがシーズン開幕&バースデーとは、まさに同ホールの面目躍如だ。
 まずはショスタコーヴィチのヴァイオリン・ソナタ。オイストラフ60歳の誕生祝いに書かれながら、悲劇的な表情に包まれた、辛口ゆえに実演が少ない名作だ。次いでシュニトケのピアノ五重奏曲。急逝した母を悼む悲痛な心象の中に透明な抒情美が滲んだ、同作曲家の最高傑作である。最後はショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲第15番。亡くなる前年作の同曲は、全6楽章が変ホ短調のアダージョという異様な構成と、究極に切り詰められた音を通して、闘い続けた天才の死への思念が切々と綴られる。
 ヴァイオリンは、強靭かつ鋭利な表現を持ち味とする山根一仁。彼は、トッパンホールのシリーズ〈エスポワール〉でも両作曲家を演奏し、成果をあげている。ピアノは、知的かつ繊細なアプローチが光る北村朋幹。山根とは絶妙なコラボを展開しており、その音色とセンスは、ピアノが重要なシュニトケ作品にも相応しい。そしてモルゴーア・クァルテット。1992年の結成以来、ショスタコの弦楽四重奏曲の全曲演奏を再三完遂してきた彼らは、一朝一夕では成し得ない深みを表出し、20代の二人にも良き示唆を与えるに違いない。
 呼吸もできないほどの緊張感が張り詰めた音楽の深淵…ときにはそんな時間に浸るのもいい。
文:柴田克彦
(ぶらあぼ 2017年8月号から)

2017.10/1(日)17:00 トッパンホール
問:トッパンホールチケットセンター03-5840-2222 
http://www.toppanhall.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]