前橋汀子カルテット ベートーヴェンの傑作を弾く


 わが国の代表的なヴァイオリニストとして長く第一線で活躍し、今年演奏活動55周年を迎えた前橋汀子。ますます意欲的な活動を繰り広げる前橋が、室内楽の世界を深く追求するべく、初めて結成した弦楽四重奏団が「前橋汀子カルテット」である。第2ヴァイオリンに久保田巧、ヴィオラに川本嘉子、チェロに原田禎夫と、豪華かつ室内楽経験豊かな頼もしい名手たちがそろい、2014年の初公演以来大きな話題を呼び、定期的に活動を続けている。
 今回の公演は、中心レパートリーに据えるベートーヴェンから、暗い情熱と古典的な構成を併せもつ第4番、その名の通り緊密で厳しい佇まいの第11番「セリオーソ」、そして作曲者晩年の独特の軽みと深遠さを感じさせる最後の第16番の3曲。初期・中期・後期から1曲ずつ、大規模作品をあえて外した選曲は、カルテットとしての成熟度が問われるプログラムでもあり、彼らの意欲と自信のほどが伝わってくる。前橋たちが挑むベートーヴェンの深奥を見届けたい。
文:林 昌英
(ぶらあぼ2017年10月号より)

2017.10/3(火)19:00 Hakuju Hall
問:Hakuju Hallチケットセンター03-5478-8700
http://www.hakujuhall.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]