代官山T-SITEで「あいちトリエンナーレ2016公式ガイドブック」出版記念イベント

 8月11日から74日間にわたって開催される「あいちトリエンナーレ2016〜虹のキャラヴァンサライ 創造する人間の旅」の公式ガイドブックが発売される。それを記念し、7月16日(土)、代官山蔦屋書店 T-SITE GARDEN GALLERYで1日限りの出版記念イベントが開催される。

 イベントは10:30から20:00まで。芸術監督の港千尋ほか、大竹敏之(フリーライター)、甲斐みのり(文筆家)、田附勝(写真家・あいちトリエンナーレ 2016 参加アーティスト)、黒野有一郎(建築家/あいちトリエンナーレ・とよはし部会事務局)、オカザえもん(岡崎アート広報大臣)がトークを繰り広げる、大型企画だ。予約不要、入場無料。

 会場では、あいちトリエンナーレ2016参加アーティストのL PACK.による旅するキャラヴァンサライ・ライブラリー「キャラヴァンサライ・ライブラリー」(ライブラリー利用料:500 円(L PACK.の 1 ドリンク付))でトリエンナーレ関連書籍や、旅に役立つ本をゆっくり読んだり、「あいちトリエンナーレPRブース」では、最新情報のPRのほか、公式グッズ等を販売する。

■あいちトリエンナーレ2016 公式ガイドブック
トリエンナーレのテーマ「虹のキャラヴァンサライ 創造する人間の旅」の「旅」をキーワードに、アートを鑑賞しながら名古屋・豊橋・岡崎の様々な「まち歩き」も楽しめる一冊。港千尋、勅使川原三郎、フィリップ・ドゥクフレ(カンパニーDCA)、大巻伸嗣ほかのインタビューも掲載。

1,300円(税込)
A5判、160ページ
ぴあ株式会社
7月15日(金)発売

 

 

 

 

 

 

 

 

■あいちトリエンナーレ2016公式ガイドブック出版記念イベント
2016年7月16日(土) 10:30~20:00
代官山蔦屋書店 T-SITE GARDEN GALLERY
問: 052-971-6127

イベント詳細: http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2016/06/aichi-triennale-2016.html
代官山T-SITE
http://real.tsite.jp/daikanyama/

L PACK.
小田桐奨と中嶋哲矢によるアーティスト・ユニット。2007 年より、バックパックに詰めた最小限の道具と現地の素材を組み合わせて国内の様々なスペースを「コーヒーのある風景」に変えるカフェ・プロジェクトや、各地の国際芸術祭におけるビジターのためのスペースづくり、美術館の教育普及プログラムと連動したワークショップスペースの設計など、アート、デザイン、建築、民芸などさまざまな領域を横断しながらアーティストと鑑賞者、地域の人々とのコミュニケーションの場を創造している。
 

 

 

 

大竹敏之
名古屋在住のフリーライター。著書は『名古屋の商店街』『名古屋めし』『名古屋の喫茶店』『名古屋の居酒屋』『コンクリート魂 浅野祥雲大全』など。オールアバウト名古屋ガイドも。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

甲斐みのり
旅や散歩、お菓子に手土産、クラシック建築やホテル、雑貨と暮らし、女性が好んだり、憧れるモノやコトを主な題材に書籍や雑誌に執筆。著書に『なごやのたからもの』『東海道新幹線各駅停車の旅』『地元パン手帖』など30冊以上。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《鹿撃たれる》 岩手県釜石市 2009年11月  2009 Courtesy of the artist and GALLERY SIDE 2   copyright Masaru Tatsuki

《鹿撃たれる》
岩手県釜石市
2009年11月
2009 Courtesy of the artist and GALLERY SIDE 2
copyright Masaru Tatsuki

田附勝
トラックとドライバーを撮影した写真集を2007年に『DECOTORA』として刊行。2006年から東北地方で撮り続けた写真集、『東北』を2011年に刊行。2014年から2015年にかけて八戸の漁村をテーマに「魚人」と題して彼らの漁と生活を撮影する。2011年木村伊兵衛写真賞受賞。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒野有一郎
建築家/あいちトリエンナーレ・とよはし部会事務局
武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業後、野沢正光建築工房(東京・世田谷)を経て、2003年豊橋に帰郷、「一級建築士事務所建築クロノ」設立。現在、生まれ育った「水上ビル」(=豊橋会場のひとつ)にある「大豊商店街」の組合代表理事、アートイベント「sebone(せぼね)」実行委員会代表などを務める。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

オカザえもん
愛知県岡崎市のキャラクターのようなもの。
愛知県岡崎市で開催された現代美術展「岡崎アート&ジャズ 2012」に、現代美術作家の斉と公平太が出展した作品。1972年7月1日生まれ、「バツ1」という設定(7月1日は岡崎市の市制記念日)。「ご当地キャラ総選挙2013」全国2位「ゆるキャラグランプリ2013」全国22位。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

港千尋
写真家・著述家。多摩美術大学美術学部情報デザイン学科教授(映像人類学)。早稲田大学政治経済学部卒業。2013年より国際交流基金国際展事業委員を務める。群衆や記憶など文明論的テーマをもちつつ、研究、作品制作、展覧会、出版、キュレーション等、幅広い活動を続けている。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あいちトリエンナーレ
2016年8月11日(木・祝)〜10月23日(日)[74日間]
http://aichitriennale.jp

【関連記事】
●勅使川原三郎、山田うんが抱負を語る〜あいちトリエンナーレ2016 企画発表会
https://ebravo.jp/archives/26080
●あいちトリエンナーレ2016 オペラ《魔笛》
https://ebravo.jp/archives/27110
(ぶらあぼ + Danza inside 2016年7月号から)
●あいちトリエンナーレ2016 パフォーミングアーツ
〜(ぶらあぼ + Danza inside 2016年7月号から)
https://ebravo.jp/archives/27564
●カウントダウンボード除幕式〜あいちトリエンナーレ2016開幕まで195日
https://ebravo.jp/archives/24208