【ゲネプロレポート】NISSAY OPERA《ドン・ジョヴァンニ》

 2012年の《フィガロの結婚》で話題を呼んだ広上淳一と菅尾友のコンビが、日生劇場に再び登場、NISSAY OPERA/ニッセイ名作シリーズ《ドン・ジョヴァンニ》を上演する。
 去る8日(日)に行われた池内響組のゲネプロ(GP・最終総稽古)を取材した。
(Photo:M.Terash & J.Otsuka/TokyoMDE 2015.11.8)

 NISSAY OPERA/ニッセイ名作シリーズは、「オペラをより多くの方に楽しんでもらいたい!」という思いから、一流の舞台を10,000円以下の低料金で提供している。
 また、日生劇場では、日本生命保険相互会社の協賛により「若い世代に本物の舞台に触れる機会を提供する」という理念のもと、2014年から本格的なオペラ・バレエ・クラシックコンサートなどの芸術性の高い公演を日本最大規模で全国の子どもたちに無料で提供する「ニッセイ名作鑑賞教室」を開始。15年からは演目数・公演数を大幅に増やし、本格的に展開している。本公演でも、約3,500名の中・高校生を招待した鑑賞教室公演を11日から13日まで実施する。

 あわせて、1993年(平成5年)11月から日生劇場舞台フォーラムを開催。フォーラムを通じて舞台芸術の魅力に触れてもらい、すこしでも舞台技術者が増えること、そして観劇の多様な楽しみが得られ観客が増加し、ひいては舞台芸術の裾野が広がることを目的とし、フォーラムの最後には舞台上に飾られた大道具、小道具、衣裳などを見学できる時間を設けている。

 今年のフォーラムには《ドン・ジョヴァンニ》公演に関わるスタッフのなかから、演出:菅尾友、美術:杉山至、衣裳:堂本教子、ドラマトゥルク:長島確、照明:吉本有輝子が登壇、本公演について語る(入場無料・事前予約不要)。

《NISSAY OPERA 2015》ニッセイオペラ
モーツァルト/オペラ《ドン・ジョヴァンニ》原語イタリア語上演(日本語字幕付)
2015年11月14日(土)、11/15(日)各14:00 日生劇場
http://www.nissaytheatre.or.jp/nissay_opera/program/program2015/

指揮:広上淳一/演出:菅尾 友/美術:杉山 至/衣裳:堂本教子/ドラマトゥルク:長島 確/照明:吉本有輝子
管弦楽:読売日本交響楽団
合唱:C.ヴィレッジシンガーズ(合唱指揮 田中信昭)

【配役】
14日(土)
ドン・ジョヴァンニ:加耒徹
騎士長:斉木健詞
ドンナ・アンナ:中江早希
ドン・オッターヴィオ:金山京介
ドンナ・エルヴィーラ:林美智子
レポレッロ:久保田真澄
マゼット:桝貴志
ツェルリーナ:見角悠代

11/15(日)
ドン・ジョヴァンニ:池内響
騎士長:峰茂樹
ドンナ・アンナ:宮澤尚子
ドン・オッターヴィオ:望月哲也
ドンナ・エルヴィーラ:柳原由香
レポレッロ:青山貴
マゼット:金子亮
ツェルリーナ:鈴木江美

◆舞台フォーラム2015 オペラ『ドン・ジョヴァンニ』 舞台美術考察
2015年11月12日(木) 18:30日生劇場
(入場無料・事前予約不要)
【パネリスト】
演出:菅尾 友/美術:杉山 至/衣裳:堂本教子/ドラマトゥルク:長島 確/照明:吉本有輝子

【関連記事】
●グラミー賞オペラ《アイナダマール》が日本初演、日生劇場で15,16日
https://ebravo.jp/archives/14454
●日生劇場開場50 周年記念オペラ《フィデリオ》 ゲネプロレポート
https://ebravo.jp/archives/5946
●日生劇場 舞台フォーラム「オペラ《フィデリオ》 柿落とし公演から半世紀」が開催
https://ebravo.jp/archives/6283
●日生劇場開場50 周年記念《特別公演》 オペラ『リア』(日本初演)ゲネプロレポート
https://ebravo.jp/archives/5792

『ドン・ジョヴァンニ』キャスト・インタビュー – NISSAY OPERA 2015

フィガロの結婚 日生劇場公演

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]