東京二期会《ダナエの愛》稽古場レポートvol.5

まもなく舞台での日本初演が行われる、東京二期会オペラ劇場のR.シュトラウス《ダナエの愛》。すでにオケ合わせもすませ、劇場での稽古がスタートしていますが、こちらでは22日に行われた小森輝彦&林正子組の通し稽古から第2幕の様子をご紹介します。
 (2015.9/22 都内稽古場 取材・文:編集部 Photo:M.Terashi/TokyoMDE)

今回演出を担う深作健太さんのコンセプトに基づき、おおよそのストーリーがわかるようにあらすじをまじえながらのレポートです。

準・メルクルと意見交換する深作健太 Photo:M.Terashi/TokyoMDE

準・メルクルと意見交換する深作健太
Photo:M.Terashi/TokyoMDE

休憩中にもダナエ役林正子に演技指導する深作健太 Photo:M.Terashi/TokyoMDE

休憩中にもダナエ役林正子に演技指導する深作健太
Photo:M.Terashi/TokyoMDE

【第2幕】
4人の王女たちがダナエの結婚式のために王冠を編んでいる。そこにミダスに扮したユピテルが現れる。

4人の王女たち「ミダス=ユピテル。ユピテル=ミダス。変身の神」
過去にユピテルと関係をもち捨てられた王女たちは、ユピテルがミダスに扮装していることを見抜く。

ダナエへの愛を語るユピテルを王女たちが「欲望の神」と嘲る。

ユピテル(小森輝彦)と4人の王女 Photo:M.Terashi/TokyoMDE

ユピテル(小森輝彦)と4人の王女
Photo:M.Terashi/TokyoMDE

そこにミダスが現れる。

ユピテル「女性をつかめるのは地位・栄光だけだ。しかし、ダナエの眼差しはミダス、お前に向かっていた。ダナエだけはどうしても、ものにできなかった」

ミダス(福井敬)、ユピテル(小森輝彦) Photo:M.Terashi/TokyoMDE

ミダス(福井敬)、ユピテル(小森輝彦)
Photo:M.Terashi/TokyoMDE

ミダス「人は人の愛を求めるものです」

ユピテルはミダスに触れるものすべてを黄金に変える力を与えた代わりにユピテルの命令には絶対服従するという約束を思い出させる。そして、ダナエに近づくなと警告し、手袋を奪い取り立ち去る。

ミダス(福井敬)、ユピテル(小森輝彦) Photo:M.Terashi/TokyoMDE

ミダス(福井敬)、ユピテル(小森輝彦)
Photo:M.Terashi/TokyoMDE

王女たちがミダスの元へダナエを連れてくる。

ミダス「私はミダスです」
ダナエ「この声は・・・なんと心に染みこむ声」
ダナエはあの使者がミダスだとすぐに気づく。

ミダス「あなたの前に立つのは、あなたを心から愛しているミダスです」
ダナエ「なんと幸福なこと。あなたはほんとうにミダスなの?」
ミダス「私が触れたものはすべて黄金に変わる。それが証拠」

ミダスが触れるもの、赤い薔薇、ベッド、部屋、全てが黄金に変わる。

ミダス(福井敬) Photo:M.Terashi/TokyoMDE

ミダス(福井敬)
Photo:M.Terashi/TokyoMDE

ミダス(福井敬)、ダナエ(林正子) Photo:M.Terashi/TokyoMDE

ミダス(福井敬)、ダナエ(林正子)
Photo:M.Terashi/TokyoMDE

ミダス「こんな力はすぐにでも捨てたい。黄金よりも愛をもたらしたい」

ミダスがダナエに口づけすると、ダナエが黄金の像へと変わる。

ダナエ(林正子) Photo:M.Terashi/TokyoMDE

ダナエ(林正子)
Photo:M.Terashi/TokyoMDE

ミダスは自分の愚かな力でダナエを死なせてしまったと悔やむ。
ミダス(福井敬)、ダナエ(林正子) Photo:M.Terashi/TokyoMDE

ミダス(福井敬)、ダナエ(林正子)
Photo:M.Terashi/TokyoMDE

そこにユピテルが現れ、ダナエにミダスと自分のどちらをとるか選ばせようと言う。
ミダス(福井敬)、ユピテル(小森輝彦)、ダナエ(林正子) Photo:M.Terashi/TokyoMDE

ミダス(福井敬)、ユピテル(小森輝彦)、ダナエ(林正子)
Photo:M.Terashi/TokyoMDE

目を覚ましたダナエ
「ミダス、愛しい人よ。私のもとへ。さらば、私の“夢”」
ダナエ(林正子) Photo:M.Terashi/TokyoMDE

ダナエ(林正子)
Photo:M.Terashi/TokyoMDE

怒り狂ったユピテルが稲妻を落とすと宮殿が崩壊する。

ユピテル(小森輝彦) Photo:M.Terashi/TokyoMDE

ユピテル(小森輝彦)
Photo:M.Terashi/TokyoMDE

■稽古を終えて一言〜小森輝彦
 マエストロ準・メルクルさんは、歌手が「ここはもっと早く(遅く)歌いたい」というところでは自然とそれにあわせてくれるし、逆にマエストロ自身がこうでなきゃ、というところはきちんと締める。すごく包容力があって歌いやすいですね。もちろん、R.シュトラウスが得意ということもありますが、やはりマエストロの人間性の現れかなと思います。

R.シュトラウス
オペラ《ダナエの愛》全3幕 <舞台上演日本初演>
日本語字幕付き原語(ドイツ語)上演

2015年10月2日(金) 18:30 3日(土) 14:00 4日(日) 14:00 東京文化会館 大ホール

指揮:準・メルクル
演出:深作健太
装置:松井るみ
衣裳:前田文子
照明:喜多村 貴

ユピテル 小森輝彦(10/2、4)大沼 徹(10/3)
メルクール 児玉和弘(10/2、4)糸賀修平(10/3)
ポルクス 村上公太(10/2、4)高田正人(10/3)
ダナエ 林 正子(10/2、4)佐々木典子(10/3)
クサンテ 平井香織(10/2、4)佐竹由美(10/3)
ミダス 福井 敬(10/2、4)菅野 敦(10/3)
ゼメレ 山口清子(10/2、4)北村さおり(10/3)
オイローパ 澤村翔子(10/2、4)江口順子(10/3)
アルクメーネ 磯地美樹(10/2、4)塩崎めぐみ(10/3)
レダ 与田朝子(10/2、4)石井 藍(10/3)
4人の王&4人の衛兵 前川健生(全日)鹿野浩史(全日)杉浦隆大(全日)松井永太郎(全日)

合唱: 二期会合唱団
管弦楽: 東京フィルハーモニー交響楽団

S13,500 A12,500 B10,000 C¥8,000 D¥6,000 学生席¥2,000
二期会チケットセンター
03-3796-1831 http://www.nikikai.net/

●東京二期会オペラ劇場《ダナエの愛》
http://www.nikikai.net/lineup/danae2015/

■関連記事
速報!! 東京二期会《ダナエの愛》GPレポート
東京二期会《ダナエの愛》稽古場レポートvol.6
東京二期会《ダナエの愛》稽古場レポートvol.5
東京二期会《ダナエの愛》稽古場レポートvol.4
東京二期会《ダナエの愛》稽古場レポートvol.3
東京二期会《ダナエの愛》稽古場レポートvol.2
東京二期会《ダナエの愛》稽古場レポートvol.1
深作健太(演出)インタビュー〜(ぶらあぼ + Danza inside2015年9月号から)

  • La Valseの最新記事もチェック

    • プッチーニ《蝶々夫人》 | 岸純信のオペラ名作早わかり 〜新時代のオペラ作品ガイド 第3回 
      on 2019/08/18 at 22:30

      text:岸 純信(オペラ研究家) 【あらすじ】 明治期の長崎を舞台に、大和撫子の蝶々さんが米国海軍士官のピンカートンと結ばれるが、帰国した夫はアメリカ人と結婚。彼を待ち続けた蝶々さんは、軍艦が戻ってきたその日、子どもも手放すよう言われて「抗議の死」を選ぶという悲劇の物語。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 《蝶々夫人 Madama Butterfly》は、日本人に「日本の美学を改 [&#8230 […]