タンブッコ(打楽器アンサンブル)

あらゆるものから音楽を引き出す驚異のグループ


 彼らが奏でる打楽器の圧倒的なエネルギーには、魂をぐっと掴まれる思いがするはず。予想を遥かに超えた驚異のパフォーマンスで聴衆を魅了、グラミー賞へのノミネートも実に4度というメキシコの世界的打楽器アンサンブル、タンブッコ。衝撃の来日公演から2年、再び彼らが戻ってくる。タンブッコは、1993年にアーティスティック・ディレクターを務めるリカルド・ガヤルド以下、4人の卓越したメキシコ人打楽器奏者により結成された。複雑な構造を持つ打楽器オリジナル作品から、民俗的なドラム・ピース、実験的な前衛作品、バッハなど古典作品までを“叩きこなす”一方、ロックや邦楽、クラシックの名手らとコラボレートを展開、打楽器に新たな地平を開拓している。またタンブッコは、ジェームズ・ボンド・シリーズ最新作『007 スペクター』(12/4日本公開)の、メキシコシティで撮影されたオープニングシーンに音楽で参加しているので、こちらも要チェックだ。
 ツアーと言っても、彼らは画一的なステージをただ繰り返したりはしない。聴衆や共演者によって、曲目や構成、時に使用する楽器までも自在に変化させていく。今回も、小学生以上を対象とした埼玉でのワークショップ(9/26)で、キッチン道具でのアンサンブルに挑戦。同じ埼玉の深谷での公演(9/27)は、元酒蔵という会場にちなみ、酒樽も叩くという。また、長野の松本公演(10/1)はピアノの松橋朋潤と共演。愛知・長久手公演(10/10)ではガムラングループ「スカルサクラ」との共演で、新作も世界初演する。
文:笹田和人
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年9月号から)

9/26(土)11:00ワークショップ 15:00本公演
彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール(0570-064-939)
9/27(日)13:00 16:00 七ツ梅酒造跡 東蔵ホール
(彩の国さいたま芸術劇場0570-064-939)
10/1(木)19:00 松本ザ・ハーモニーホール(オフィス・マユ026-226-1001)
10/4(日)15:00 東京文化会館(小)(03-5685-0650)
10/10(土)15:00 長久手市文化の家 森のホール(0561-61-2888)

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]