荻田浩一(演出家)

銀座でウィンドーショッピングしてから日生劇場に足を運ぶ、そんな楽しみ方をしてもらえたら


 繊細な美意識と感性、そして独特の陰りが魅力の作品群を次々と手がけ、宝塚歌劇ファンに根強い支持層を獲得、2004年にはショー作品『ロマンチカ宝塚’04―ドルチェ・ヴィータ!―』で文化庁芸術祭演劇部門優秀賞を受賞した演出家・荻田浩一。08年の宝塚歌劇団退団後も、『アルジャーノンに花束を』『蜘蛛女のキス』等のミュージカルや音楽劇の演出を精力的に手がけ、活動の場を広げている。その荻田が、11月の東京二期会公演《ウィーン気質》で初めてオペレッタの演出を手がけることとなった。J.シュトラウスⅡの同名ワルツを軸に、彼の生み出したワルツやポルカの数々を集め、物語をつけた作品で、台本はフランツ・レハール作曲の《メリー・ウィドウ》で名高いレオン&シュタインのコンビ。19世紀初頭のウィーン会議を背景に、3組のカップルの恋の騒動を描く。
「経験のないジャンルということで、怖くもあり、緊張もありますが、せっかくいただいた今回のお話、違う扉を叩くつもりでやってみようと。J.シュトラウスⅡの軽妙洒脱な音楽には、うきうきと街のレストランに食事に出かけるような楽しさ、なじみやすさがありますよね。異次元に連れて行かれるわけではないけれども、ちょっと非日常を楽しみたいというときに聴けば、ものすごく気持ちを上げてくれる。観覧車に乗り込んで、真ん中から天辺に上昇していくときのような気分、そんな魅力を感じます。ウィーン会議の頃というのは、アンシャン・レジーム及びナポレオン体制が崩壊し、さまざまな価値観が解体され、再構築され、細分化されていった時代。解放感と虚無感とがあって、第2次世界大戦後のアプレゲールにも似た時代なのかなと。
 3組のカップルの組み合わせという遊び感、パズル感も楽しい作品なので、そのあたり、装置や衣裳でもうまく浮かび上がらせたい。ふわふわきらきらの中、一抹の喜びと悲しみとが流れ、味わい深さを感じさせる、そんな舞台にしていきたいですね。銀座でちょっとウィンドーショッピングしてから、日生劇場に足を運ぶ、そんな楽しみ方をしてもらえたらと思います」
 7月にはチャールズ・チャップリンの名作映画『ライムライト』の舞台版を演出。チャップリンの作曲したナンバーも流れる音楽劇で、世界初の舞台化となる。8月には、昨年宝塚を退団した男役トップスター、壮一帆(そうかずほ)のファーストコンサートの構成・演出を担当。演出・訳詞を手がける9〜10月の『CHESS THE MUSICAL』は、世界的ポップ・グループ、ABBA(アバ)のメンバーが作曲を担当した作品で、今回が日本初演となる。引く手あまたといった活躍ぶりだが、宝塚時代から、ヴィジュアルの美しさ、そして音楽性に富んだ舞台創りには定評がある。
「ミュージカルでいえば、音楽の要素よりも芝居、ダンスといった要素が優位に立つ場合もある。けれども、オペラ、オペレッタの場合は音が絶対的なルールですから、その分、空間造形にしても、潔く割り切って大胆にしていける部分もあると思うんです。今回の《ウィーン気質》の演出にあたっては、音を使うのではなく、音に使われるということを経験してみたい。演出家として、舞台に音が流れるということの根源を、今一度見つめ直すいい機会になると思っています」
「どの作品も、特に自分を出そうと思っているわけではなく、作品、キャストと純粋に向き合い、最終的にお客様に興味を持っていただける舞台にしようと取り組んでいるだけなんですが…結果的に変わったものができてしまうのは、何なんでしょうかね」と笑う。けれども、その“変わった”部分こそ、熱烈な“オギー”ファンを引きつけてやまない魅力であることもまた事実。
 オペレッタというフィールドと出会ったとき、演出家・荻田浩一の世界はいかなる化学反応を見せるのか。公演を心待ちにしたい。
取材・文:藤本真由 写真:藤本史昭
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年7月号から)

東京二期会オペラ劇場
オペレッタ《ウィーン気質》
11/21(土)~11/25(水) 日生劇場 
7/4(土)発売
問:二期会チケットセンター03-3796-1831 
http://www.nikikai.net

音楽劇『ライムライト』
7/5(日)~7/15(水) シアタークリエ
その他全国で公演あり。詳細は下記ウェブサイトでご確認ください。
問:東宝テレザーブ03-3201-7777 
http://www.tohostage.com/limelight/

壮一帆 first コンサート『Feel SO Good』
8/5(水)~8/9(日) Bunkamuraシアターコクーン
問:サンライズプロモーション東京0570-00-3337
8/28(金)、8/29(土) サンケイホールブリーゼ
問:サンケイホールブリーゼ06-6341-3999 
6/27(土)発売

『CHESS THE MUSICAL』
9/27(日)~10/12(月) 東京芸術劇場プレイハウス
10/19(月)~10/25(日) 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ 
6/27(土)発売
問:梅田芸術劇場0570-077-039(東京) 06-6377-3888(大阪)
http://www.chess-musical.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]