森山未來主演『プルートゥ PLUTO』がまもなく開幕

 2015年1月9日(金)、Bunkamuraシアターコクーンで開幕する『プルートゥ PLUTO』。12月某日の稽古はダンスシーンから始まった。7枚のパネルが繋がって1枚の壁を形成し、その後ろからダンサーたちが放射状に飛び出して踊り出す。続いて、アトム役の森山未來が現れ、ダンサーらの合間を縫うように進んでいく。スピーディーに同時多発的に展開するこれらのダンスは、一つ間違えば、衝突したり流れを損なったりしかねない。演出・振付のシディ・ラルビ・シェルカウイや振付助手を務めるジェイソン・キッテルバーガーの指導の下、迫力を保ちながらもぶつからず、かつ効果的に見えるよう、試行錯誤が続いた。森山やダンサーたちからも様々な質問や意見が出て、稽古場は活気に満ちた雰囲気。回を追う毎に、動きの精度やダイナミズムがぐんぐん増していったのも印象深い。
 
 ダンス稽古後は、劇の冒頭からのラン・スルーが行われた。アトム役の森山のほか、ゲジヒト役を寺脇康文、ウランとゲジヒトの妻・ヘレナの2役を永作博美、天馬博士役を柄本明、アブラー役を松重豊、お茶の水博士役を吉見一豊が個性的に演じる中、さきほどまで踊っていたダンサーの面々が果たす役割も面白い。パネルの転換を担ったかと思えば、雨の中を急ぐ群衆にもなり、はたまた、俳優が捨てる空き缶のゴミ箱にもなる。ダンサーとパネルだけで、情景が次々に移り変わるさまはマジカルだ。さらに注目すべきは、アトムやゲジヒトやヘレナといったロボットの周囲で、ダンサーたちが文楽の人形遣いのような動きを展開していたこと。筆者がかつてラルビに取材した際、「未来へ進みたいなら過去にさかのぼる必要がある。だから伝統芸能に興味がある」「様々なダンスを学ぶと同時に、あらゆる表現からヒエラルキーを断ち切り、同等に扱って自分自身の表現にしたい」と語っていたことを思い出した。

 モロッコ系ベルギー人のラルビが、日本の漫画を原作に、伝統芸能を含む様々な動きに想を得ながら、独自に構築している『プルートゥ』。果たして、このスリリングな舞台の最終形は、どのようなものになるのだろうか?
(取材・文:高橋彩子 Photo:(C)小林由恵)

(C)小林由恵

(C)小林由恵

形もサイズも異なる7枚の白いパネルは、今回の舞台の特長の一つ。つなげることで壁になったり、積み上げられて階段になったり、テーブルや椅子になったり……と、まさに変幻自在だ

(C)小林由恵

(C)小林由恵

ダンサーたちは、三人で1体の人形を操作する文楽の人形遣いによく似たフォルムで、ロボットを取り囲む。写真中央に立っているのは、演出・振付のシディ・ラルビ・シェルカウイ

(C)小林由恵

(C)小林由恵

ダンスに芝居にと大活躍の森山未來。壁を背に、崩れ落ちるように座り込み、瞬時に身体を半回転させたり、一点倒立をしたり・・・。しなやかさと強靭さを併せ持った動きで魅せる

◆『プルートゥ PLUTO』
http://www.pluto-stage.jp

●東京公演
2015年1月9日(金)〜2月1日(日) Bunkamuraシアターコクーン
S¥10,500 A¥8,000 コクーンシート¥6,000 (全席指定・税込)
問:Bunkamuraチケットセンター03-3477-9999

●大阪公演
2015年2月6日(金)〜11日(水・祝) 森ノ宮ピロティホール
¥10,000 (全席指定・税込)
問:キョードーインフォメーション06-7732-8888

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]