舞台の裏側から〜新国立劇場《さまよえるオランダ人》

 まもなく新国立劇場で、飯守泰次郎オペラ芸術監督の指揮により、ワーグナー《さまよえるオランダ人》が開幕します。
本番に向け、劇場では音楽稽古、リハーサル室での稽古を経て、オペラパレスでの舞台稽古が進行中です。
 こちらでは、先日ご紹介できなかった舞台裏の様子を中心にご紹介します。
(取材:2015年1月10日、12日 新国立劇場オペラパレス Photo:M.Terashi/TokyoMDE)

【ダーラント】ラファウ・シヴェク(左)に演技指導する演出のマティアス・フォン・シュテークマン(右)

【ダーラント】ラファウ・シヴェク(左)に演技指導する演出のマティアス・フォン・シュテークマン(右)

指揮の飯守泰次郎オペラ芸術監督

指揮の飯守泰次郎オペラ芸術監督

演技指導中の演出:マティアス・フォン・シュテークマン(左)と【ゼンタ】リカルダ・メルベート(右)

演技指導中の演出:マティアス・フォン・シュテークマン(左)と【ゼンタ】リカルダ・メルベート(右)

休憩中も打合せに余念のない飯守泰次郎オペラ芸術監督(左)とマティアス・フォン・シュテークマン(右)

休憩中も打合せに余念のない飯守泰次郎オペラ芸術監督(左)とマティアス・フォン・シュテークマン(右)

飯守泰次郎オペラ芸術監督(左)演出:マティアス・フォン・シュテークマン(右)

飯守泰次郎オペラ芸術監督(左)演出:マティアス・フォン・シュテークマン(右)

談笑する演出:マティアス・フォン・シュテークマン(左)【エリック】ダニエル・キルヒ(右)

談笑する演出:マティアス・フォン・シュテークマン(左)【エリック】ダニエル・キルヒ(右)

新国立劇場の音楽スタッフが勢揃い。左から)石坂宏・新国立劇場音楽ヘッドコーチ、飯守泰次郎オペラ芸術監督、小埜寺美樹・ピアノ、城谷正博・新国立劇場音楽チーフ

新国立劇場の音楽スタッフが勢揃い。左から)石坂宏・新国立劇場音楽ヘッドコーチ、飯守泰次郎オペラ芸術監督、小埜寺美樹・ピアノ、城谷正博・新国立劇場音楽チーフ

左から)飯守泰次郎オペラ芸術監督、小埜寺美樹・ピアノ、城谷正博・新国立劇場音楽チーフ

左から)飯守泰次郎オペラ芸術監督、小埜寺美樹・ピアノ、城谷正博・新国立劇場音楽チーフ

 オーケストラとのゲネプロ(最終総稽古)前までは舞台稽古はピアノ伴奏で行います。今回の《さまよえるオランダ人》では二人のピアニストが伴奏を担当。そのひとりが小埜寺美樹さん。今日でピアノ伴奏での舞台稽古は終了、ということで、飯守泰次郎オペラ芸術監督が労います。
左)城谷正博・新国立劇場音楽チーフ、右)木下志寿子・ピアノ

左)城谷正博・新国立劇場音楽チーフ、右)木下志寿子・ピアノ

 もうひとりのピアニスト、木下志寿子さんは、城谷正博・新国立劇場音楽チーフ指揮のもと、16日(金)中劇場での特別企画《さまよえるオランダ人》(演奏会形式)に臨みます。

■関連記事
●新国立劇場《さまよえるオランダ人》、まもなく開幕〜稽古場レポート
●特別企画 ワーグナー 歌劇《さまよえるオランダ人》(演奏会形式)〜カヴァー歌手に聴く、新国立劇場の底力

新国立劇場 2014/2015シーズン
ワーグナー《さまよえるオランダ人》
【ドイツ語上演/日本語字幕付】

2015年1/18(日)14:00、21(水)14:00、25(日)14:00、28(水)19:00、31(土)14:00
新国立劇場 オペラパレス
予定上演時間:約3時間(休憩含む)

■指揮:飯守泰次郎
■演出:マティアス・フォン・シュテークマン
■美術:堀尾幸男
■衣裳:ひびのこづえ

■キャスト
【ダーラント】ラファウ・シヴェク
【ゼンタ】リカルダ・メルベート
【エリック】ダニエル・キルヒ
【マリー】竹本節子
【舵手】望月哲也
【オランダ人】トーマス・ヨハネス・マイヤー

合唱:新国立劇場合唱団
管弦楽:東京交響楽団

■チケット
S 21,600円 A 16,200円 B 10,800円 C 6,480円 D 3,240円 Z 1,620円
新国立劇場ボックスオフィス
03-5352-9999

●新国立劇場オペラ
http://www.nntt.jac.go.jp/opera/