Tag Archive for こうもり

小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトが京都から始動

 小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトが、2016年のロームシアター京都リニューアルオープンにあわせ、初めて京都から始動する。2015年11月18日、ロームシアター京都で記者会見を行った。 (Photo:M.Terashi/Tokyo MDE)  ロームシアター京都は、1960年に京都・岡崎地域に完成以来およそ半世紀にわ…

ルドルフ・ビーブル(指揮)

門外不出の音楽祭、初の海外公演が実現!  世界遺産のオーストリア・ノイジードル湖上で開催されている世界最大のオペレッタ・フェスティバル『メルビッシュ湖上音楽祭』。今まで門外不出だった同音楽祭初の海外公演が9月に日本で開催される。演目はオペレッタのなかでも特に人気の高い《こうもり》。今回の日本公演を指揮するルドルフ・ビー…

ローラン・プティの傑作バレエ『こうもり』が新国立劇場で開幕、26日まで

 2002年の初演から再演を重ね、今回で5回目の公演となる新国立劇場のバレエ『こうもり』が21日(火)、開幕しました。  バレエ『こうもり』は、フランスの振付家ローラン・プティが振り付けた作品で、新国立劇場の重要なレパートリーのひとつ。  『こうもり』といえば、ヨハン・シュトラウスIIのオペラ《こうもり》を思い浮かべる…

井澤 駿(新国立劇場バレエ団 ソリスト)

 昨年9月にソリストとして入団の22歳。11月の開幕公演『眠れる森の美女』の青い鳥に続いて、12月の『シンデレラ』で王子を演じ全幕主役デビューを飾った。ノーブルな気品を備えた大型新人として今熱い視線が注がれている。4歳年上の兄(Kバレエのソリスト井澤諒)に憧れ、「ライバルというより、お互いの舞台を観て励まし合う仲」。バ…

小野絢子(新国立劇場バレエ団プリンシパル)

 大作『眠れる森の美女』でシーズンの幕を開けた新国立劇場バレエ団。さまざまな作品で今シーズンも快進撃を続けているプリンシパル小野絢子の次の出演作は、3月の『トリプル・ビル』。そのなかでのバランシン振付『テーマとヴァリエーション』への出演が決まっている。 「以前から、なんてゴージャスなバレエ!と思っていました。現代作品で…

小澤征爾音楽塾が子どものためのオペラを上演、京都市内の小学生を招待

 小澤征爾音楽塾がこの3月、「京都市勧業館みやこめっせ」で『子どもためのオペラ ラヴェル《子どもと魔法》』を上演する。2016年1月にオープンする『ロームシアター京都(京都会館)』のプレ・オープニング事業として開催するもので、市内の小学3、4年生約2000人を無料招待する。指揮は小澤征爾。  昨年12月10日にローム株…

飯守泰次郎(指揮)

世界の主要歌劇場の一つとして高いクオリティの舞台を実現させたい  1月17日の記者会見で、新国立劇場オペラ2014/ 2015シーズンについて熱弁を振るったマエストロ、飯守泰次郎。次期オペラ芸術監督として「オペラが人間に与える豊かさを日本の文化の中で活かしてゆきたい」と語るその声音には、強い意欲と責任感が漲っている。 …

小川里美(ソプラノ)

今までにない《こうもり》をお見せします!  豊かな表現力を持った懐の深い歌唱で活躍する、ソプラノの小川里美。2月に東京芸術劇場と石川県立音楽堂の共同公演《こうもり》でロザリンデを歌う。 「《こうもり》は4度目ですが、ロザリンデをドイツ語で歌うのは初めてなので、やりがいを感じると同時に、緊張もしています。すごくチャーミン…