東京二期会《蝶々夫人》ゲネプロ・レポートvol.1

 4/23(水)から上演される、東京二期会《蝶々夫人》のゲネラルプローベ(GP・最終総稽古)が21日と22日に行われました。

こちらは、21日に行われた腰越満美組から。
※写真はクリックで拡大します。
(撮影:M.Terashi/TokyoMDE)

東京二期会オペラ劇場
《蝶々夫人》(イタリア語・全3幕)
<日本語字幕付原語上演>

指揮:ダニエーレ・ルスティオーニ/演出:栗山昌良

【23日・26日】
蝶々夫人:腰越満美
スズキ:永井和子
ケート:佐々木弐奈
ピンカートン:水船桂太郎
シャープレス:福島明也
ゴロー:牧川修一
ヤマドリ:畠山茂
ボンゾ:峰茂樹
神官:馬場眞二

【24日・27日】
蝶々夫人:木下美穂子
スズキ:小林由佳
ケート:谷原めぐみ
ピンカートン:樋口達哉
シャープレス:泉良平
ゴロー:栗原剛
ヤマドリ:鹿野由之
ボンゾ:佐藤泰弘
神官:渥美史生

合唱:二期会合唱団
管弦楽:東京都交響楽団

2014年4月23日(水)18:30 24日(木)14:00 26日(土)14:00 27日(日)14:00
東京文化会館 大ホール
上演予定時間:約2時間40分(休憩1回を含む)

東京二期会オペラ劇場 http://www.nikikai.net

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]