新国立劇場《カヴァレリア・ルスティカーナ/道化師》稽古場レポート vol.1

 5/14(水)から上演の新国立劇場《カヴァレリア・ルスティカーナ/道化師》の稽古場に潜入! 普段なかなか見られない稽古風景を取材しました。
(Photo:M.Terashi & J.Otsuka /TokyoMDE)
4/16(水)の稽古初日は《道化師》の稽古。演出のジルベール・デフロさん(前列左から2番目)をはじめ、出演者、スタッフが勢揃い。
トニオ役のヴィットリオ・ヴィテッリさん(写真上)とカニオ役のグスターヴォ・ポルタさん(写真下)が衣裳デザイン画をみながらデフロさんと歓談デフロさんによる演出プランのレクチャーが始まりました。手前からシルヴィオ役の与那城敬さん、トニオ役のヴィットリオ・ヴィテッリさん、ネッダ役のラケーレ・スターニシさん、カニオ役のグスターヴォ・ポルタさん、その奥の緑色のシャツの方が美術・衣裳のウィリアム・オルランディさん
デフロ:「違う作曲家ですが2つのオペラを同時に上演します。この2つはヴェリズモ・オペラと言われるものですが、ヴェリズモとはリアリズムです。ヴェリズモ以前のオペラはロマンティクなもの、神様ばかりでてくる作品でした。方言で歌うというのも、これ以前のオペラではなかった。2つのオペラともドラマがあり、カヴァレリアは復活祭、道化師の方はサーカスで両方とも楽しい感じだが、憎しみと復讐のドラマが入っている。日本で言うと、歌舞伎の中にも嫉妬と復讐の話がたくさんありますね」
デフロ:「《カヴァレリア・ルスティカーナ》は復活祭、《道化師》は聖母マリア被昇天祭と、2つのオペラには共通点がある。だから、この2つのオペラを舞台でひとつにしよう。2つのオペラを融合させるために、美術・衣裳のウィリアムとセットを考えました」
デフロ:「オリーブの木は継続性、永遠を示しています。と同時に「孤独」を表します。サントゥッツァの孤独を表現するには、どうしてもオリーブの木が必要なのです」

今回の演出では、サーカスのシーンにアクロバットが登場します
ネッダ役のラケーレ・スターニシさん(中央)と、アクロバットを披露するビラ・オリガさん(左)と天野真志さん(右)

そして、わんわん大サーカスから犬のメープルちゃん(雑種・メス・11ヶ月)も参加!舞台だけでなく、客席も巻き込んだアッと驚く演出プランもあるとのこと。

稽古が始まりました!
■前奏曲につづくプロローグの場面、トニオが前口上を述べます。
デフロさんの演技指導にも徐々に熱が入りますDSC_0458s右)マエストロに代わり稽古の指揮台に立つ新国立劇場音楽ヘッドコーチの石坂宏さん

新国立劇場 2013/2014シーズン
新制作《カヴァレリア・ルスティカーナ/道化師》
【イタリア語上演/日本語字幕付】

2014年5/14(水)19:00、17(土)14:00、21(水)19:00、24(土)14:00、27(火)14:00、30(金)14:00
新国立劇場 オペラ劇場
予定上演時間:約3時間10分(休憩含む)

■指揮:レナート・パルンボ
■演出:ジルベール・デフロ

■キャスト
<カヴァレリア・ルスティカーナ>
【サントゥッツァ】ルクレシア・ガルシア
【ローラ】谷口睦美
【トゥリッドゥ】ヴァルテル・フラッカーロ
【アルフィオ】成田博之
【ルチア】森山京子

<道化師>
【カニオ】グスターヴォ・ポルタ
【ネッダ】ラケーレ・スターニシ
【トニオ】ヴィットリオ・ヴィテッリ
【ペッペ】吉田浩之
【シルヴィオ】与那城敬

合唱:新国立劇場合唱団
児童合唱:TOKYO FM少年合唱団
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

■チケット
S 27,000円 A 21,600円 B 15,120円 C 8,640円 D 5,400円 Z 1,620円
新国立劇場ボックスオフィス
03-5352-9999
ローソンチケット Lコード:32009

●新国立劇場
http://www.nntt.jac.go.jp

●新国立劇場 《カヴァレリア・ルスティカーナ/道化師》特設サイト
http://www.nntt.jac.go.jp/opera/cavalleria

2013/2014 Season
New production
May 2014 14-30

[Cavalleria Rusticana]
Music by Pietro Mascagni
Opera in 1 act
Sung in Italian with Japanese supertitles

[I Pagliacci]
Music by Ruggiero Leoncavallo
Opera in 2 acts
Sung in Italian with Japanese supertitles

Opera Palace

Conductor Renato Palumbo
Production Gilbert Deflo
Scenery & Costume Design William Orlandi
Lighting Design Roberto Venturi

■Cast
[Cavalleria Rusticana]

Santuzza Lucrecia Garcia
Lola Taniguchi Mutsumi
Turiddu Walter Fraccaro
Alfio Narita Hiroyuki
Lucia Moriyama Kyoko

[I Pagliacci]
Canio Gustavo Porta
Nedda Rachele Stanisci
Tonio Vittorio Vitelli
Peppe Yoshida Hiroyuki
Silvio Yonashiro Kei

Chorus New National Theatre Chorus
Children Chorus Tokyo FM Boys choir
Orchestra Tokyo Philharmonic Orchestra

New National Theatre, Tokyo
Box Office
+81-3-5352-9999 (10:00 am-6:00 pm, English available)

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part2
      on 2019/12/06 at 01:43

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 NHK交響楽団首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィに話をうかがうロング・インタビュー。後半戦はN響とのレコーディングや、2020年2〜3月に控えたヨーロッパツアーについて、じっくりと語っていただく。 ── パーヴォさんの指揮するN響のCDのなかで、バルトークにとりわけ強い感銘を受けました。これまでに発売されたもののなかでは唯一、完全にロ [&#8230 […]