東京春祭がいよいよ開幕!!

前橋汀子(c)篠山紀信

前橋汀子(c)篠山紀信

上野の森を彩る「東京・春・音楽祭-東京のオペラの森2014-(東京春祭)」が、14日、いよいよ開幕します。

初日は、東京春祭の10周年を記念しての、『10th Anniversary Concert ~春が来た!~春の訪れを祝うコンサートの決定版』

古今東西の多くの作曲家たちが作品に込めてきた、春への想い、憧れ・・・

東京春祭10回目のオープニングは、日本を代表する音楽家たちが、「春」を題材にした名曲の数々を披露します。

10th Anniversary Concert ~春が来た!
~春の訪れを祝うコンサートの決定版

■日時・会場
3.14 [金] 19:00開演(18:30開場)
東京文化会館 小ホール

■出演
ヴァイオリン:前橋汀子
ソプラノ:橋爪ゆか
メゾ・ソプラノ:小泉詠子
テノール:大槻孝志
都響メンバーによるアンサンブル
 第1ヴァイオリン:山本友重、吉岡麻貴子、高田はるみ
 第2ヴァイオリン:双紙正哉、遠藤香奈子、横山和加子
 ヴィオラ:林 康夫、村田恵子
 チェロ:田中雅弘、清水詩織
 コントラバス:山本 修
ピアノ:松本和将、志茂貴子
チェンバロ:山口範子

■曲目
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集《四季》より「春」
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第5番 ヘ長調 op.24《春》より 第1楽章
モーツァルト:弦楽四重奏曲 第14番 ト長調 K.387《春》より 第4楽章
J.シュトラウスⅡ:ワルツ《春の声》op.410
ドリーブ: 花の二重唱(歌劇《ラクメ》より)
モーツァルト:
 春への憧れ K.596
 すみれ K.476
シューマン:
 美しい5月に op.48−1
シューベルト:春のおもい D.686
メンデルスゾーン:春の歌 op.62-6(《無言歌集 第5巻》より)
シューマン:
 春の祭の美しさ op.37−7
 春の夜
マーラー:春の朝 (《若き日の歌》より)
R.シュトラウス:
 春(《4つの最後の歌》より)
 春の祭り op.56−5
サン=サーンス:春は目覚めて(歌劇《サムソンとデリラ》より)
ワーグナー:冬の嵐は5月には過ぎ去り…あなたこそ春(歌劇《ワルキューレ》より)

【料金】S ¥6,000 A ¥4,500 U25 ¥1,500

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ステファン・ポップ(テノール) | いま聴いておきたい歌手たち 第10回 
      on 2019/12/10 at 01:25

      text:香原斗志(オペラ評論家) パヴァロッティに近いテクニック だれかと顔が似ていると思うと、声のトーンや話し方まで似ている、ということがよくあるが、この人の場合、体型がルチアーノ・パヴァロッティによく似ていて、歩き方も、手の動かし方も、首の振り方も近しい。さらには顔までが似た雰囲気で、想像がつくと思うが、歌い方もパヴァロッティを彷彿とさせるのである。 テノールの声が空気をつんざくように客席に [&#8230 […]