2021年4月のクラシック音楽関連書籍 近刊情報

情報提供:ヤマハ 銀座店 
〒104-0061 東京都中央区銀座7-9-14 
☎03-3572-3171 

今月の一冊


『古典派音楽の様式 ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン』
チャールズ・ローゼン 著 
大久保 賢、中村 真 訳
音楽之友社 ¥9000

18世紀古典派音楽を理解するための研究書、待望の初邦訳。ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンの音楽と古典派様式のありようを見事に説明し、古典派音楽の言語を描き出す。本書のように古典派巨匠の相互の関係性を具体的、かつダイナミックに論じた研究書は少なく、古典派音楽の複雑な本質に迫る力は特に注目に値する。

その他の近刊情報

*価格はすべて税別。情報は2021年2月末現在のものです。価格等は変更になる場合がございます。在庫状況は変動します。

『K-POPはなぜ世界を熱くするのか』
田中絵里菜 著
朝日出版社 ¥1700

『知識ゼロからのギターで作曲』
ROLLY 著 四月朔日義昭 監修
幻冬舎 ¥1300

『音楽の記憶 僕をつくったポップ・ミュージックの話』
印南敦史 著
自由国民社 ¥1400

『紀州徳川400年 南葵音楽文庫案内』
和歌山県教育委員会 編
中央公論新社 ¥3000

『薈庭楽話』
徳川頼貞 著
中央公論新社 ¥3000

『大人のための「怖いクラシック」 オペラ篇』
中野京子 著
KADOKAWA ¥840

『ピアニスト』
エルフリーデ・イェリネク 著 中込啓子 訳
鳥影社 ¥2600

『武満徹逍遥 遠ざかる季節から』
小沼純一 著 
青土社 ¥2600

『「メタルの基本」がこの100枚でわかる!』
伊藤政則 他 著 梅沢直幸 編
星海社 ¥1050

『歌の本 歌の好きな人と歌が苦手なあなたに』
國土潤一 著
音楽之友社 ¥1900

『バイエルの刊行台帳 世界的ベストセラーピアノ教則本が語る音楽史のリアル』
小野亮祐、安田 寛 著
音楽之友社 ¥2500

『作曲家◎人と作品シリーズ バッハ』
久保田慶一 著
音楽之友社 ¥2400

『my楽器 myパートナー』
バンドジャーナル 編
音楽之友社 ¥1500

『クラシック名曲「酷評」事典 上巻』
『クラシック名曲「酷評」事典 下巻』
ニコラス・スロニムスキー 著 藤村奈緒美 訳
ヤマハミュージックエンタテインメント 
各¥1900

『絶対!うまくなる サクソフォーン100のコツ』
須川展也 著
ヤマハミュージックエンタテインメント ¥1800

『ヤマハデジタル音楽教材 うた授業
~常時活動から歌唱共通教材、合唱へとつながる新しい学び方~(DVD-ROM付き)』

平野次郎 監修 岩井智宏、松長 誠 制作協力
ヤマハミュージックエンタテインメント ¥9800

『「教える」から「学びを深める」 うた授業へ
~常時活動から歌唱共通教材、合唱へとつながる新しい学び方~』

平野次郎 編 岩井智宏、松長 誠 著
ヤマハミュージックエンタテインメント ¥2200

『1冊でわかる ピアノのすべて 調律師が教える歴史と音とメカニズム』
青山一郎 著
アルテスパブリッシング ¥2200

『舞台と客席の近接学 ライブを支配する距離の法則』
野村亮太 著
dZERO ¥1800

『表現文化論入門 インターメディアリティへの誘い』
寒河江光徳、村上政彦 編
第三文明社 ¥2000

『音楽メディア・アップデート考 批評からビジネスまでを巡る8つの談話』
加藤一陽 著
リットーミュージック ¥1600

ヤマハ銀座店 音楽書 2020年上半期売れ筋ランキング

和声法がさくさく理解できる本(ヤマハミュージックエンタテインメント)
吉松 隆の調性で読み解くクラシック(ヤマハミュージックエンタテインメント)
数字と科学から読む音楽(ヤマハミュージックエンタテインメント)
和声法がぐんぐん身に付く本(ヤマハミュージックエンタテインメント)
成功する音楽家の新習慣 練習・本番・身体の戦略的ガイド(ヤマハミュージックエンタテインメント)
集中力 人生を決める最強の力(サンマーク出版)
ピアノが上達する音楽の思考法(ヤマハミュージックメディア)