新日本フィルがふるさと納税型クラウドファンディングを実施

 新日本フィルハーモニー交響楽団が、拠点とする墨田区と連携して、今年もふるさと納税型クラウドファンディング「音楽の力で人とまちを元気に」を実施している。昨年は、総額約3,900万円を集めており、過去の演奏録音のアーカイブ作成や「まちかどコンサート」開催などに役立てられている。
 このプロジェクトは、いわゆる「ガバメントクラウドファンディング」と呼ばれる仕組みを利用したもので、支援者がふるさと納税サイトを通じて寄附金を支払うと、寄附を受けた墨田区がそれらを財源に、同楽団の活動に補助を行う。寄附を行った人は税金控除の対象となるほか、1990年代に小澤征爾指揮で行われた定期演奏会の音源を収録した非売品の特製CD(2枚組)や公演プログラム冊子(レプリカ)をリターンとして受け取ることができる。募集期間は12月31日まで。

新日本フィルハーモニー交響楽団
https://www.njp.or.jp