マエストロ・曽我大介の簡単おつまみレシピ

text & photos:曽我大介

 ここ最近みなさんおうちからオンライン飲み会、っていう方も増えているのではないですか? 気心が知れた仲間と自分で好きなお酒を用意して、自宅なので帰宅の心配もなくオンライン飲み会、慣れるとついつい飲みすぎちゃいますね。
 オンライン飲み会だと、気楽に食べることができるおつまみが欲しいもの。
 今回はマエストロ流、超簡単なおつまみ3種です。


オンライン飲みにぴったり、簡単おつまみ3種

(しらすとコーンの簡単ピザ、レタスのお刺身風カッテージチーズのサラダ、豆腐の塩麹漬け)


*しらすとコーンの簡単ピザ

餃子の皮をつかった簡単なおつまみピザです。


材料

餃子の皮
コーンの缶詰 今回は180g入りのものを使いました。1枚あたり約10g見当です。
しらす干し(すこし干してあるもの)
とろけるチーズ(シュレッドチーズ)

餃子の皮をピザの台にして、魚焼きグリルで焼き上げるだけ。
こつも何もいりません、餃子の皮にとにかく材料を乗せて焼くんです。
私は魚グリルの焼き網の上に、食材がくっつかないフライパン用のアルミホイルを敷き、そのうえに材料を並べてゆきます。

うちは両面グリルなのですが、焼き時間はたった4分くらいで出来ちゃいます。
オーブントースターなどで焼く場合は焼き時間を工夫してみてください。
オススメは餃子の皮2枚敷き。2枚重ねるとよりクリスピー食感を味わえます。
色々な食材で試してみるのもよいでしょう。


*レタスのお刺身風カッテージチーズのサラダ

材料:4人分
レタス:丸ごと1個
カッテージチーズ:適量
胡椒:少々
市販のシーザーサラダドレッシング

こちらも切ってかけるだけ。レタスは冷蔵庫で保管していたものを取り出してすぐつかいましょう。まずお尻の芯の部分を少し切り落とし(大抵少しオレンジ色になっていますね)、外側の皮を2〜3枚剥いで、芯の部分からケーキを切り分けるイメージで四等分に切ります。

そこにカッテージチーズを大さじ1くらいのせ、胡椒を少し挽き、シーザーサラダドレッシングをかけるだけです。
ナイフで切り分けながら食べましょう。レタスのシャキシャキした食感が活きる食べ方です。


*豆腐の塩麹漬け

こちらは簡単ですが、時間がかかります。冷蔵庫に保管しておけるので、オンライン飲み会のときは切って出すだけです。

材料

木綿豆腐:一丁
塩麹:適量
オリーブオイル:適量 
レモン:適量

木綿豆腐は厚手のキッチンペーパーなどでくるみ、2時間くらい重しをして水出しします。
(写真は重しがウオッカの瓶ですが、なんでもよいのです)

水出しをおえたら、豆腐のまわりにまんべんなく塩麹を塗って、キッチンペーパーとラップでくるみ、冷蔵庫で2日くらい寝かせましょう。

2日くらい経ったら一度冷蔵庫から取り出し、もう一度塩麹を塗り直してキッチンペーパーとラップで包んでねかせます。

 もう2日(合計4日)くらいからが食べごろと思いますが、筆者は1週間くらい寝かせることもあります。最初は材料の豆腐の賞味期限内でつくってみて、寝かせる期間は色々ためしてみてください。
 日本酒に合わせるときはそのまま切って、ワインと合わせるときはオリーブオイルをかけ、レモンを絞ります。

 リアル飲み会を楽しむにはまだまだ時間がかかるかもしれませんが、オンライン飲み会もこんな機会でなければないので皆さん工夫してエンジョイしましょう!

 


【Profile】
曽我 大介(Daisuke Soga)

東京ニューシティ管弦楽団正指揮者。「ブザンソン」、「コンドラシン」での優勝をはじめ、各地のコンクールで上位入賞。日本、ヨーロッパ、ブラジルをなど世界を股にかけて活躍中。ルーマニア・ブラショフ市、ブラジル・ロンドリーナ市名誉市民。