紀尾井 明日への扉 第28回〜第30回

未来を担うホープたちの瑞々しい音楽性と高い技術を満喫する


 開館25周年を迎えた紀尾井ホールでは、オープン当初からその才能が光る若手アーティストを紹介する企画を行ってきた。2006年スタートの「紀尾井ニューアーティストシリーズ」を引き継ぎ続いている「紀尾井 明日への扉」がそれだ。2020年度も惹かれる人選になっている。

 今年度は3回のステージ。第28回(7/3)にはギターの斎藤優貴が登場。5歳からギターを始め、国内で研鑽を積んだ後、フランツ・リスト・ワイマール音楽大学でリカルド・ガレンに師事している。メルボルン国際などで第1位を獲得した他、これまでに様々なコンクールで29もの賞を獲得。これは日本人ギタリストとしては最多受賞数となるそうだ。武満徹 「フォリオス」、藤倉大「スパークス」、レゴンティ「アリアと変奏第2番」など、多彩なギター曲に挑戦する。

 つづいて第29回(12/15)に登場するのはパーカッションの樋渡希美。東京音楽大学卒業後、17年からはドイツに渡り、シュトゥットガルト音楽演劇大学で学ぶ。三木稔「マリンバ・スピリチュアル」、シェルシ「Ko-tha1」などの作品で、打楽器界のホープと呼ばれるその実力を披露。

 第30回(2021.3/17)にはすでに読売日本交響楽団などと共演し、クオリティの高さで話題のヴァイオリニスト、小林壱成が出演。ショーソン「詩曲」、サン=サーンス「ヴァイオリン・ソナタ第1番」などの作品で、現在ヨーロッパで磨いているその音楽性を示す。
 明日の音楽界を担う逸材たちの演奏に注目したい。
文:片桐卓也
(ぶらあぼ2020年5月号より)

第28回 2020.7/3(金) 
第29回 2020.12/15(火) 
第30回 2021.3/17(水)
各日19:00 紀尾井ホール
問:紀尾井ホールチケットセンター03-3237-0061 
https://kioihall.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]