【CD】ノヴェレッテン シューマン ピアノ作品集Ⅺ/小林五月

 2005年からシューマンのピアノ独奏曲全曲演奏会を開催し、並行してCD収録を行っている実力者・小林五月のシリーズ11枚目のアルバム。彼女は全8曲を明快に表現し、明暗や動静をはじめとする様々な陰影を見事に描き分けている。これは確かな技術の中で知性とパッションが絶妙な均衡を保った演奏ともいえようか。全曲にわたって聴き応え充分の音楽が続き、中でも長い第5曲や第8曲の自然かつ鮮やかな情景変化が光っている。既出盤はいずれも高い評価を得ているが、今回も初期一連の楽曲の中では演奏機会の少ない作品の魅力を再認識させる好ディスクだ。
文:柴田克彦
(ぶらあぼ2020年4月号より)

【information】
CD『ノヴェレッテン シューマン ピアノ作品集Ⅺ/小林五月』

R.シューマン:ノヴェレッテン

小林五月(ピアノ)

コジマ録音
ALCD-7251 ¥2800+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]