札響がマティアス・バーメルトの首席指揮者任期延長を発表

 札幌交響楽団は、2021年までだった首席指揮者マティアス・バーメルトとの契約を24年3月まで3年延長すると発表した。

 バーメルトは、クリーヴランド管常任指揮者、バーゼル放送響音楽監督を歴任し、欧米やアジアのオーケストラとも数多く共演。札響へは14年に初登壇。16年、17年と共演を重ね、18年4月に首席指揮者に就任。幅広いレパートリーで数々の名演を披露している。今回の任期延長にあたりバーメルトは「私たちの関係がこれからも一層深くなり、今まで以上に芸術性を高めることができたらと願っています」とメッセージを寄せた。

札幌交響楽団
https://www.sso.or.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • METデビュー! 藤村実穂子(メゾソプラノ)インタビュー
      on 2020/04/08 at 09:07

      原点見つめ直す《さまよえるオランダ人》にマリー役で出演、 日本人初のMETライブビューイング登場、そして今伝えたい大切なメッセージ 取材・文:池上輝彦(音楽ジャーナリスト) 日本が生んだ世界屈指のメゾソプラノ・藤村実穂子が米ニューヨークのメトロポリタン歌劇場(MET)に満を持してデビューを果たした。3月10日上演のワーグナーの歌劇《さまよえるオランダ人》マリー役を歌い演じた。独バイロイト音楽祭やウ [&#8230 […]