高橋優介(ピアノ/作曲/編曲)

コンポーザーピアニスト2人が合体、最強ユニットここに出現!

C)Ayane Shindo

 高橋優介は、上野学園高等学校を経て同大学音楽学部音楽学科演奏家コース、同大学専攻科で研鑽を積んだピアニスト。第10回東京音楽コンクールピアノ部門で18歳にして第1位及び聴衆賞を受賞し、注目を集めた。現在、ピアノソロはもちろん、アンサンブル奏者としても活躍している彼だが、このたび、やはり作曲と編曲を行う山中惇史とピアノデュオ「176(アン・セット・シス)」を結成。初めてのデュオリサイタルを開催する。

「デュオ名は、2台ピアノを弾くので“鍵盤88鍵×2”というところから付けました。また、僕たちは、演奏、作曲ともにフランス音楽からインスピレーションを受けることが多いため、読みかたはフランス語にしています」

 フランス音楽に造詣の深い二人ではあるが、第1回となる今回の公演ではイタリアの作曲家・レスピーギの「ローマ三部作」に挑む。
「もともとラヴェルの『ラ・ヴァルス』や『ダフニスとクロエ』といった作品も候補だったのですが、デュオ結成のきっかけにもなったレスピーギの『ローマの祭り』をどうしても弾きたいという想いがあり、せっかくやるなら三部作を全部! ということで、今回のプログラムに至りました」

 この二人は、デュオ結成前の2019年7月に山中の故郷である愛知県岡崎市で一度共演しており、そこで「ローマの祭り」を演奏して好評を得た。この曲のみ、ピアノのために書かれた版が存在しないという。
「『噴水』と『松』はピアノ連弾版があるのですが、なぜか『祭り』だけはないんですよね。どうしても弾きたかったので、二人で分担して編曲し、演奏したらものすごく楽しくて。今回は昨年のものにさらに手を加え、『噴水』と『松』も2台ピアノのために編曲し直しています」

 高橋も山中もピアニスト&作・編曲家としても活躍中。稀少な“コンポーザーピアニスト”がタッグを組んだ形で、死角がない。
「ショパンやラフマニノフのようなコンポーザーピアニストが活躍していた時代から、現代のような演奏家と作曲家が分業するスタイルに変わってしまったため、あえてコンポーザーピアニストの道を追求することに迷いはありました。しかし、私の理想とする形で活躍されている方は少なからず存在していて、山中さんもその一人で、私にとってはある意味その道を“肯定”してくれた人。憧れの存在でもあった山中さんと一緒に活動できることは本当に幸せです」

 今回の公演はライヴ録音の予定もあるという。さらに「ローマの祭り」は当日楽譜も発売される。どちらも大きな話題を呼びそうだ。今注目のコンポーザーピアニスト二人の活動にこれからも注目していきたい。
取材・文:長井進之介
(ぶらあぼ2020年3月号より)


*新型コロナウイルスの感染症の拡大防止の観点から、本公演は延期となりました。(3/5主催者発表)
詳細は下記ウェブサイトでご確認ください。

山中惇史編曲シリーズⅠ 176 Un Sept Six
2020.3/31(火)19:00 紀尾井ホール
問:テレビマンユニオン03-6418-8617 
http://www.tvumd.com

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]