【CD】ピアニズム2 ドビュッシー:前奏曲集第1巻&第2巻/長尾洋史

 ソロはもちろん、アンサンブル奏者としても多くの演奏家の厚い信頼を集め、現代音楽の演奏でも非常に高い評価を受けている長尾洋史。その精巧なピアニズムは多くの聴衆を魅了してきた。今回のアルバムは、そんな彼の透明感のある音色と響きの多彩なコントロールを存分に楽しめる。明瞭なタッチと鮮やかな指さばき、そして緻密に計算された音色の配置だからこそできる演奏は、作品の輪郭を浮き彫りにしており、〈花火〉などの技巧的な作品はもちろん、〈亜麻色の髪の乙女〉などの音数の少ない作品でもその効果が最大限に発揮されている。「前奏曲集」の“名盤”に加えたい新譜だ。
文:長井進之介
(ぶらあぼ2020年3月号より)

【information】
CD『ピアニズム2 ドビュッシー:前奏曲集第1巻&第2巻/長尾洋史』

ドビュッシー:前奏曲集第1巻・第2巻

長尾洋史(ピアノ)

録音研究室(レック・ラボ)
NIKU-9026 ¥2800+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • METデビュー! 藤村実穂子(メゾソプラノ)インタビュー
      on 2020/04/08 at 09:07

      原点見つめ直す《さまよえるオランダ人》にマリー役で出演、 日本人初のMETライブビューイング登場、そして今伝えたい大切なメッセージ 取材・文:池上輝彦(音楽ジャーナリスト) 日本が生んだ世界屈指のメゾソプラノ・藤村実穂子が米ニューヨークのメトロポリタン歌劇場(MET)に満を持してデビューを果たした。3月10日上演のワーグナーの歌劇《さまよえるオランダ人》マリー役を歌い演じた。独バイロイト音楽祭やウ [&#8230 […]