【CD】第7回仙台国際音楽コンクール シャノン・リー

 伸びやかで凛々しい演奏だ。昨年開催された第7回仙台国際音楽コンクールのヴァイオリン部門最高位(第2位)に輝いたシャノン・リー(カナダ生まれ、アメリカで教育を受ける)がセミ・ファイナルで聴かせたバルトークのヴァイオリン協奏曲第2番と、ファイナルでのモーツァルトのヴァイオリン協奏曲K.218のライヴ録音である。コンクール本番の演奏だけに、バルトークは磨き上げた完成度が光り、安定感と緊張感のバランスに長けている。軽やかなモーツァルトのモティーフにも、自分の音の烙印を押すように、ふくよかな響きを持たせている。これからの伸びしろに期待が膨らむ一枚。
文:飯田有抄
(ぶらあぼ2020年2月号より)

【information】
CD『第7回仙台国際音楽コンクール シャノン・リー』

バルトーク:ヴァイオリン協奏曲 第2番/モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 K.218

シャノン・リー(ヴァイオリン)
高関健(指揮)
仙台フィルハーモニー管弦楽団

収録:2019年6月、日立システムズホール仙台(ライヴ)
フォンテック
FOCD-9824 ¥2400+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]