TOKYO OTA OPERA PROJECT 2019 はじめのいっぽ♪コンサート〜オペレッタ《こうもり》第2幕から〜

区民参加による3年越しのプロジェクトが始動!

区民合唱メンバー

 大田区は本年度から3年間の計画で、区民参加を対象としたユニークな音楽プロジェクトを始動。その第1弾はJ.シュトラウスⅡによるオペレッタの最高傑作《こうもり》第2幕の楽曲を中心とした、芝居仕立ての日本語版上演。公募により集まった36名の区民合唱メンバーが、約半年かけて発声や所作、演技などのレッスンを重ね、本番公演ではプロの人気オペラ歌手らと一緒に大田区民プラザ・大ホールのステージに立つというもの。参加者はすでに7月からプロのヴォイストレーナーと演出家から声と身体表現に関する指導を受け、現在は小ホールで立ち稽古の真っ最中。来年1月の通し稽古を経て2月2日の本番を目指している。演出はオペラを中心に幅広く手がける髙岸未朝(みさ)、指揮は近年活躍めざましい松田義生が担当(伴奏はピアノ)。アイゼンシュタイン役に望月哲也、ファルケ役と合唱指導には金山京介と人気テノール2人が関わっているのも注目。晴れ舞台が楽しみだ。
文:東端哲也
(ぶらあぼ2019年12月号より)

2020.2/2(日)14:30 大田区民プラザ
問:大田区民プラザ チケット専用電話03-3750-1555 
https://www.ota-bunka.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]