〜座間歌曲祭2020〜第4回日本歌曲コンクール開催

 日本歌曲に対する理解と普及を目指す、座間市スポーツ・文化振興財団と神奈川新聞社主催の「日本歌曲コンクール」が、2020年4月に開催される。第4回の応募要項が発表された。本コンクールは、プロ・アマ問わず広く出場者を募るところが大きな特徴で、第1次・第2次予選を経て、本選は4月19日にハーモニーホール座間で行われる。審査員長は、ドイツ連邦共和国認定終身教授の資格を持ち、ブレーメン国立音楽大学声楽科教授を務める小松英典。審査員は、歌曲伴奏のスペシャリストとして知られるピアニストの塚田佳男、作曲家の木下牧子、音楽評論家の國土潤一、ソプラノ歌手の本島阿佐子。

 課題曲には、瀧廉太郎、山田耕筰、中山晋平、平井康三郎らの作品が含まれ、第2次予選では山田耕筰の歌曲より任意の1曲を歌うことが規定されている。第1位入賞者には賞状と賞金70万円が贈られる。出場者の応募受付期間は、郵送の場合、20年1月20日(窓口受付は1月31日)まで。

ハーモニーホール座間
http://www.ny.airnet.ne.jp/harmony/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ジャズとクラシックのハネムーン| クラシック・ファンのためのJazz入門 第5回
      on 2019/12/13 at 01:00

      text:藤本史昭 ところで、ジャズとクラシックは相反する音楽…そういう印象を持っている方は、実は少なくないのではないでしょうか。かくいう僕も、「その相反するものも、実はこんなにうまく混淆してますよ」ということを言いたいがためにこの連載を始めたわけで、つまりは自分の中にもそういう思いが潜在的にあるのかもしれません。 そのように考えてしまう最大の理由はやはり、クラシックが(基本的には)書かれた音を再 [&#8230 […]