やまぎん県民ホール(山形県総合文化芸術館) オープニング・ラインナップ 見どころ聴きどころ

多様なカルチャーとの出会い〜オープンハウスで全貌に触れる

 客席数2001の大ホールを中心に、山形の新しい文化発信地となるべく12月1日にいよいよプレ・オープンを果たす、やまぎん県民ホール(山形県総合文化芸術館)。すでに2021年初頭まで、オーケストラ・コンサートを中心としたバラエティ豊かなクラシック音楽の公演はもちろん、大規模なオペラやバレエ公演、「合唱の祭典」やストリートダンスなど、実にさまざまな催しが予定されている。誰もが新しいカルチャーと出会える場であることは間違いなく、大ホールのお披露目となるコンサートほか、子どもたちも含めてみんなが楽しめる12月1日の「オープンハウス」で、その全貌が明らかになるだろう。その日だけでも各種のコンサート(大ホール公演以外は入場無料)、アートのワークショップやゲーム、そして歩きながら劇場内を知ることができるスタンプラリーまであり、家族でこの新しい芸術館に親しめるのだ。

やまぎん県民ホール 内観

小曽根真登場!山響との共演で祝祭モードを盛り上げる

 本格的なグランドオープンは20年3月29日。やはりここは地元の雄である山形交響楽団が「オープンハウス」に続きステージに上がる。クラシックの協奏曲も見事に弾きこなす人気ジャズ・ピアニストの小曽根真をゲストに迎えて、誇り高き“山形の音”を響かせる。演目は、小曽根が03年に山形のために作曲・初演したピアノ協奏曲「もがみ」やシベリウスの交響詩「フィンランディア」など。山形交響楽団は7月12日にも演奏する。こちらは同じ東北の音楽文化を担う仙台フィルハーモニー管弦楽団との合同演奏会だ。曲はブルックナーの大作、交響曲第8番、指揮はおなじみの飯森範親とくれば、地元のクラシック・ファンならずとも必聴の公演である。

山形交響楽団 ©Kazuhiko Suzuki

本格的オペラ&バレエ公演が実現

 3面舞台を備えた大ホールならではの公演といえば、やはりオペラやバレエの舞台芸術を挙げなくてはいけない。まずは10月31日、あの名アリア〈誰も寝てはならぬ〉をはじめとして魅力的な旋律と豊かな響きが次々に繰り出される、プッチーニの壮大なオペラ《トゥーランドット》の上演。数多くのオペラ公演を行ってきた神奈川県民ホール(横浜)、iichiko総合文化センター(大分)との共同制作プロダクションであり、山響がオケピットへ入ることも大きなポイント。歌手陣などは順次発表されるが、イタリアのミラノに生まれて「プッチーニ音楽祭財団」の芸術監督などを務めてきたマエストロ、アルベルト・ヴェロネージがタクトをとり、本格派のイタリア・オペラを堪能できるだろう。
 バレエ・ファンであるなら、東京・初台の新国立劇場バレエ団による初の東北エリア公演が見逃せない。披露されるのは王道中の王道である『白鳥の湖』。同バレエ団が誇る2人のプリンシパル、米沢唯と井澤駿のコンビが主役を踊るこの公演は、多くの人がバレエの魅力に出会う記念碑的なものになるかもしれない。公演に先駆け、1月26日には同バレエ団所属ダンサーによるバレエ・ワークショップも行われるが、未経験者や初心者でも参加可能なので好奇心旺盛な人ならチャレンジしない手はないだろう。

山形がウィーンムード一色に染まる記念すべき日

 やや先になるが、2021年1月11日にはこのホールにウィーンから「ニューイヤー・コンサート」がやって来る。ウィンナ・オペレッタの本場であるウィーン・フォルクスオーパー交響楽団の新春公演は、みんなが楽しめるワルツやポルカの名曲オンパレード(しかも同劇場のバレエ団メンバーも出演!)。こちらも東北エリアには初お目見えだ。音楽に酔いしれ、豊かな響きに心奪われ、笑いが起こるほど楽しいステージを体験できるはず。ウィーン少年合唱団のメンバーとして何度も来日し、現在はフォルクスオーパー交響楽団ファミリーとなっているマエストロ、グイド・マンクージが本場ウィーンのユーモアも交えた指揮ぶりで幸せなひとときをプレゼントしてくれるだろう。 
 こうしたバラエティ豊かな公演のほか、21年3月6日には東日本大震災から10年を前にして、鎮魂の祈りを込めた聲明(しょうみょう)のコンサートも行われる。また世界的に有名な太鼓芸能集団「鼓童」と、オペラや「シルク・ドゥ・ソレイユ」公演などの演出を行うロベール・ルパージュとのコラボレーション公演も予定されており、オープニング・シーズンから多くの人を喜ばせる文化発信地としての地位を早くも築き上げたといえるだろう。
 山形市および周辺地域、県内全域、そして周辺の県からも人が集まる場としてオープンする「やまぎん県民ホール」。今後の続報も含め、最新情報から目を離されませんよう。
文:オヤマダアツシ
(ぶらあぼ2019年12月号より)

【Information】
問:やまぎん県民ホール (山形県総合文化芸術館) チケットデスク023-664-2204
https://yamagata-bunka.jp/
※オープニング・ラインナップの詳細は上記ウェブサイトでご確認ください。

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ジャズとクラシックのハネムーン| クラシック・ファンのためのJazz入門 第5回
      on 2019/12/13 at 01:00

      text:藤本史昭 ところで、ジャズとクラシックは相反する音楽…そういう印象を持っている方は、実は少なくないのではないでしょうか。かくいう僕も、「その相反するものも、実はこんなにうまく混淆してますよ」ということを言いたいがためにこの連載を始めたわけで、つまりは自分の中にもそういう思いが潜在的にあるのかもしれません。 そのように考えてしまう最大の理由はやはり、クラシックが(基本的には)書かれた音を再 [&#8230 […]