マーク・ウィグルスワース(指揮) 東京交響楽団

英国コンビによるセンス抜群のモーツァルトとマーラー


 音楽監督ジョナサン・ノットと快進撃を続ける東京交響楽団だが、客演指揮者やソリストにも注目すべき才能が並ぶ。12月の定期演奏会では、ノットと同じイギリス人のコンビが招かれる。

 指揮のマーク・ウィグルスワースは今回で5度目の客演。楽員からの信頼も厚いという1964年生まれの実力者だ。2018年に登場した際にはブルックナーの交響曲第4番「ロマンティック」の1888年版/2004年コーストヴェット校訂版を用いた変化球で話題を呼んだが、今回はマーラーの交響曲第1番「巨人」で直球勝負を挑む。東響のマーラーといえば近年はノットの指揮で聴く機会が多かったが、ウィグルスワースはまた一味違ったテイストのマーラーを披露してくれることだろう。

 モーツァルトのピアノ協奏曲第24番ハ短調で共演するのは、1996年生まれのマーティン・ジェームズ・バートレット。2014年にBBCヤングミュージシャン・オブ・ザ・イヤーに選ばれ、BBCプロムスに出演するなど、今まさに躍進する若手奏者である。東響には18年に続く再登場。全身を使って音楽と一体となって鍵盤に向かう姿には、思わず見る者を引き込む力がある。この曲は巨匠ハイティンクとも共演している得意のレパートリー。アンドラーシュ・シフからマスタークラスに招待され、録音ではすでにワーナー・クラシックスからデビューを果たすなど、バートレットへの期待は大きい。新星がまばゆい輝きを放つ。
文:飯尾洋一
(ぶらあぼ2019年12月号より)

第73回 川崎定期演奏会 
2019.12/7(土)14:00 ミューザ川崎シンフォニーホール

第676回 定期演奏会 
2019.12/8(日)14:00 サントリーホール

問:TOKYO SYMPHONY チケットセンター044-520-1511 
http://tokyosymphony.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ジャズとクラシックのハネムーン| クラシック・ファンのためのJazz入門 第5回
      on 2019/12/13 at 01:00

      text:藤本史昭 ところで、ジャズとクラシックは相反する音楽…そういう印象を持っている方は、実は少なくないのではないでしょうか。かくいう僕も、「その相反するものも、実はこんなにうまく混淆してますよ」ということを言いたいがためにこの連載を始めたわけで、つまりは自分の中にもそういう思いが潜在的にあるのかもしれません。 そのように考えてしまう最大の理由はやはり、クラシックが(基本的には)書かれた音を再 [&#8230 […]