「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2020」テーマ発表

 「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2020」(LFJ)が2020年5月2日から5月4日の3日間の日程で開催されることが発表された。テーマは生誕250年にちなみ「Beethoven〜ベートーヴェン」。来年、日本上陸15周年を迎えるLFJが、05年の最初の年にテーマとしたのが「ベートーヴェンと仲間たち」だった。アーティスティック・ディレクターのルネ・マルタンは、再度ベートーヴェンを取り上げることについて「交響曲、ピアノ協奏曲、ピアノ三重奏、ピアノソナタに加え、彼の知られざる作品や、ジャズや電子音楽など19〜20世紀の作曲家によるオマージュ作品など独創的なプログラムで紹介たい」と語る。

 会場は東京国際フォーラムを中心とした大手町、丸の内、有楽町エリアで、およそ330公演が予定されている(約200公演は無料)。5月1日には前夜祭としてガラ・コンサートが行われ、期間中には聴衆参加型の「みんなで第九」も企画されている。12月下旬にはプログラムの一部が発表される予定。

ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2020
https://www.lfj.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part2
      on 2019/12/06 at 01:43

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 NHK交響楽団首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィに話をうかがうロング・インタビュー。後半戦はN響とのレコーディングや、2020年2〜3月に控えたヨーロッパツアーについて、じっくりと語っていただく。 ── パーヴォさんの指揮するN響のCDのなかで、バルトークにとりわけ強い感銘を受けました。これまでに発売されたもののなかでは唯一、完全にロ [&#8230 […]