いずみホール・オペラ2019《ピグマリオン》

フランス・バロックの洗練とかぐわしさが現代人の感性を刺激する

 バロック音楽の先入観を覆す、斬新な和声やリズム、鮮烈な舞台を体感したい。18世紀フランスで独自の成熟を遂げた、母国語と舞踊を重視する総合芸術「オペラ・バレ」。その大成者ラモーの傑作《ピグマリオン》が、世界的バロック・ヴァイオリン奏者にして、指揮者としても活躍する寺神戸亮のプロデュースで上演される。

 《ピグマリオン》は、1748年初演。理想の女性像を追求して作り上げた彫像に恋した、彫刻家をめぐる顛末を描く。演出は、気鋭の岩田達宗。タイトルロールに俊英カウンターテナー、クレマン・ドビューヴルをはじめ、鈴木美紀子、波多野睦美、佐藤裕希恵、とフレンチ・バロックに精通する強力な布陣で臨む。

 また、バロックダンスの松本更紗に加えて、コンテンポラリーダンス界から酒井はなと中川賢が登場し小㞍健太による振付での“競演”も実現。管弦楽は、寺神戸の指揮による「レ・ボレアード」が担当する。これに先立ち、ステージ前半では、ラモーの先人リュリによる《町人貴族》などオペラからの舞踊音楽に乗せ、松本が「オペラ・バレ」の変遷を紹介する。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2019年12月号より)

2019.12/14(土)14:00 いずみホール
問:いずみホールチケットセンター06-6944-1188 
http://www.izumihall.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ジャズとクラシックのハネムーン| クラシック・ファンのためのJazz入門 第5回
      on 2019/12/13 at 01:00

      text:藤本史昭 ところで、ジャズとクラシックは相反する音楽…そういう印象を持っている方は、実は少なくないのではないでしょうか。かくいう僕も、「その相反するものも、実はこんなにうまく混淆してますよ」ということを言いたいがためにこの連載を始めたわけで、つまりは自分の中にもそういう思いが潜在的にあるのかもしれません。 そのように考えてしまう最大の理由はやはり、クラシックが(基本的には)書かれた音を再 [&#8230 […]