東京オペラシティB→C 駒田敏章(バリトン)

“詩と音楽”という視点から時代を鮮やかに切り取る

C)寺司正彦

 「バッハ(B)からコンテンポラリー(C)へ」。東京オペラシティの「B→C」に、加速度的に注目を集める駒田敏章が登場。2014年日本音楽コンクール優勝の明るくノーブルに響くバリトン。来年の新国立劇場《ジュリオ・チェーザレ》に起用され、以前はバッハ・コレギウム・ジャパンにも参加した経歴の持ち主なら「B」が軸になるのかと思いきや、ジョン・アダムズに始まりジョン・アダムズに終わる現代音楽プロ。「C」寄りに振りきった。本人が「本業」というロマン派ドイツ歌曲も封印。この人の守備範囲の広さ、視野の広い研究心が推察される。

 大きなテーマは「アメリカ」。アダムズ作品の間にネッド・ローレムやデイヴィッド・デル・トレディチという現代のアメリカ人作曲家、そしてコルンゴルト、ヴァイル、アイスラーと、アメリカに亡命した独墺系作曲家が対置される。さらにその真ん中には、少し視点を変えて、名ピアニスト、ブレンデルの詩による歌曲も。そして各セクションの境目にバッハという鮮やかなプログラム。現代曲といっても、調性から離れない美しい作品が多いのもスマートだ。共演はピアノの居福健太郎。
文:宮本 明
(ぶらあぼ2019年12月号より)

2019.12/10(火)19:00 東京オペラシティ リサイタルホール
問:東京オペラシティチケットセンター03-5353-9999 
https://www.operacity.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ジャズとクラシックのハネムーン| クラシック・ファンのためのJazz入門 第5回
      on 2019/12/13 at 01:00

      text:藤本史昭 ところで、ジャズとクラシックは相反する音楽…そういう印象を持っている方は、実は少なくないのではないでしょうか。かくいう僕も、「その相反するものも、実はこんなにうまく混淆してますよ」ということを言いたいがためにこの連載を始めたわけで、つまりは自分の中にもそういう思いが潜在的にあるのかもしれません。 そのように考えてしまう最大の理由はやはり、クラシックが(基本的には)書かれた音を再 [&#8230 […]