【CD】J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第2集/三膳知枝

 例えば、第1番ハ長調の前奏曲の冒頭、2小節余にわたるC音のオルゲルプンクト。ズーンと底鳴りさせ、可能な限り響きを持続するのがチェンバロで弾く際の常で、モダン・ピアノならより容易くできるはずだが、三膳知枝はあえてそうしない。大事な上声が、かき消されてしまうからだ。常に鮮烈なアプローチに挑む実力派が、「第1集」の録音から2年を経て対峙した「平均律クラヴィーア曲集 第2集」。常に「モダン・ピアノならどう聴こえるか」を考え、各フレーズ、前奏曲とフーガ、24曲の関係性を精査。説得力に満ちた、しかし彼女にしか実現し得ぬ響きの世界を現出させた。
文:寺西 肇
(ぶらあぼ2019年12月号より)

【information】
CD『J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第2集/三膳知枝』

J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第2集

三膳知枝(ピアノ)

コジマ録音
ALCD-9201,9202(2枚組) ¥3400+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]