【CD】メシアン:ピアノ作品全集3/宮崎明香

 宮崎明香が意欲的に取り組むメシアンのピアノ作品全集第3弾。前作「鳥のカタログ」に続き、今回の収録曲にも宮崎の熱意が表れている。メシアンが8歳で作曲した、テニスンの詩に基づく「シャロットの貴婦人」初稿版を世界初録音したのである。昨年5月にフランス国立図書館で手稿譜を写譜した宮崎。大作曲家の音楽的萌芽に敬意を込め、丹念に再現する演奏。どんな作品かはぜひディスクで確認していただきたい。また、学生時代のメシアンが書いた「8つの前奏曲」の詩情に溢れた響き、鳥の声の超大作「ニワムシクイ」は圧巻である。メシアン作品の記念碑的な音盤の誕生だ。
文:飯田有抄
(ぶらあぼ2019年12月号より)

【information】
CD『メシアン:ピアノ作品全集3/宮崎明香』

メシアン:8つの前奏曲、ニワムシクイ、シャロットの貴婦人(初稿版)

宮崎明香(ピアノ)

録音研究室(レック・ラボ)
NIKU-9023 ¥2800+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ジャズとクラシックのハネムーン| クラシック・ファンのためのJazz入門 第5回
      on 2019/12/13 at 01:00

      text:藤本史昭 ところで、ジャズとクラシックは相反する音楽…そういう印象を持っている方は、実は少なくないのではないでしょうか。かくいう僕も、「その相反するものも、実はこんなにうまく混淆してますよ」ということを言いたいがためにこの連載を始めたわけで、つまりは自分の中にもそういう思いが潜在的にあるのかもしれません。 そのように考えてしまう最大の理由はやはり、クラシックが(基本的には)書かれた音を再 [&#8230 […]