ラン・ラン × “BLACK DIAMOND” 特別イベント

 ピアノ界のスーパースター ラン・ランと、アメリカの著名な家具デザイナーのダコタ・ジャクソンとがコラボレーションしたスタインウェイの特別限定モデル「BLACK DIAMOND」の特別イベントが11月21日、帝国ホテルで開催された。

左より:ウェイ・ウェイ、ラン・ラン、秋山百合子

 「BLACK DIAMOND」は同社の自動演奏ピアノSPIRIOに録音機能が追加された次世代ピアノSPIRIO | r(日本では2020年発表予定)を搭載した特別モデル。この日ステージ上に用意されたのは、世界に8台しかない限定エディションで価格は8,100万円。

 イベントでは、来日中のラン・ラン、スタインウェイ・アジア・パシフィック代表のウェイ・ウェイ、スタインウェイ・ジャパン代表取締役 秋山百合子ら3人によって「BLACK DIAMOND」がお披露目された。続いて、ラン・ラン本人による生演奏がスタート。最初の曲はドビュッシーの「子供の領分」から、続いてメンデルスゾーン「紡ぎ歌」。この曲はレコーディングしながら演奏され、直後に自動演奏で再生するという機能も披露された。3曲目はチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番冒頭をピアノ独奏で、最後にベートーヴェンの「エリーゼのために」をピアノの自動演奏に重ねてラン・ランもプレイするという“インスタレーション演奏”も行われた。

 演奏後にラン・ランは、ハイレゾの音源で自身の演奏が再現される機能について「ラヴェルの弱音やラフマニノフのパワフルな音、そして僕の情熱までも再現することができる!」と熱く語った。

BLACK DIAMONDを弾くラン・ラン

スタインウェイ・ジャパン
https://www.steinway.co.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ジャズとクラシックのハネムーン| クラシック・ファンのためのJazz入門 第5回
      on 2019/12/13 at 01:00

      text:藤本史昭 ところで、ジャズとクラシックは相反する音楽…そういう印象を持っている方は、実は少なくないのではないでしょうか。かくいう僕も、「その相反するものも、実はこんなにうまく混淆してますよ」ということを言いたいがためにこの連載を始めたわけで、つまりは自分の中にもそういう思いが潜在的にあるのかもしれません。 そのように考えてしまう最大の理由はやはり、クラシックが(基本的には)書かれた音を再 [&#8230 […]