ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団 記者会見

 ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団の記者会見が10月30日にポーランド大使館で開催された。今年は日本とポーランドの国交樹立100周年にあたり、「ポーランド芸術祭2019 in Japan」の一環として様々な催しが行われている。そのハイライトにあたるのがワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団の公演だ。同楽団の音楽・芸術監督で指揮を務めるアンドレイ・ボレンコ、2005年ショパン国際ピアノ・コンクール優勝のラファウ・ブレハッチ、そして株式会社ジャパン・アーツの代表取締役社長の二瓶純一らが会見に臨んだ。

左より:ヴォイチェフ・ノヴァク(ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団事務局長)、マリア・ジュラフスカ(ポーランド広報文化センター所長/ポーランド芸術祭2019 in Japan実行委員長)、上羽健介(野村不動産ホールディングス株式会社コーポレートコミュニケーション部部長)、モニカ・グロホフスカ(ポーランド国立アダム・ミツキェヴィッチ・インスティチュート副所長)、パヴェウ・ミレフスキ(次期駐日ポーランド共和国大使)、ラファウ・ブレハッチ、アンドレイ・ボレンコ(ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団音楽・芸術監督)、二瓶純一(株式会社ジャパン・アーツ代表取締役社長)
Photo:M.Suzuki/Tokyo MDE

 本公演でのプログラムはショパンのピアノ協奏曲を2曲並べるというもの。ボレンコは「日本ほどショパンを愛してくれている国はない。その地で世界最高のショパン弾きで友人でもあるブレハッチと演奏できるのはこの上ない喜び」と語る。一方、ブレハッチは「いまは喜びと期待がある。ショパンの2つのコンチェルトをコンクールで優勝した時のオケと弾ける喜び、そしてボレンコ氏が音楽の細やかな表現を厳しく指導しているオケとの共演への期待だ」と意欲をにじませる。

 また、ボレンコは「ワルシャワ・フィルほどショパンを演奏しているオケは他になく、全員が暗譜でも弾ける」という。そんな彼らは、今回さらに“新しい音楽”を目指しているそうだ。公演は、11月2日の東京から始まり全5公演、うち3公演では人気ピアニスト・反田恭平がソロを務める。その後ブレハッチは5会場でのソロ・リサイタルも予定している。会見の最後には、ブレハッチがショパンのマズルカop.24全曲を演奏し華を添えた。

ラファウ・ブレハッチ
C)Maciej Komorowski 写真提供:ポーランド大使館

ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団
https://www.japanarts.co.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]