第4回ニーノ・ロータ国際指揮者コンクールで平林遼がファイナリストに選出

 10月1日から7日まで、イタリア・バジリカータ州のマテーラで開催された、第4回ニーノ・ロータ国際指揮者コンクール(審査委員長:Piero Romano)で、日本の平林遼がファイナリスト(最高位次点)に選出され、また併せて聴衆賞も受賞した。ニーノ・ロータ賞(優勝)はMarcoVlasák(スロヴァキア)。

 平林は、1988年東京生まれ。2011年東京音楽大学指揮科卒業。広上淳一、ロリン・マゼール等に師事。今年9月には、第1回イタリア国際指揮者コンクールでも第3位に入賞している。

写真提供:Istituzione Concertistica Orchestrale Magna Grecia

Concorso Internazionale di Direzione D’Orchestra “Nino Rota”
https://www.orchestramagnagrecia.info/concorso-direzione-orchestra/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]