ヴィキングル・オラフソンが「グラモフォン・アワード2019 アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を受賞

 アイスランド出身のピアニスト、ヴィキングル・オラフソンがイギリスの音楽雑誌『グラモフォン』の主催する音楽賞「グラモフォン・アワード」の「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。オラフソンは、2017年に『フィリップ・グラス:ピアノ・ワークス』(Deutsche Grammophon)でメジャー・デビュー。18年にはDG第2弾となる『バッハ・カレイドスコープ』をリリースし、話題を呼んだ。

授賞式の模様
Photo: Gramophone / Askew Miller

 以下は、オラフソンの受賞コメント。
「私は賞をもらう事に慣れていません。それが突如、今年になって多くの賞を頂き、少し困惑しています。 2012 年、まだ無名だった私に、アルフレッド・ブレンデルがかけてくれた『一晩でスターになるには 15年必要なんだよ』という言葉は正しかったのだと実感しています。若い音楽家達に耳を傾け、それぞれが本来の自分でいられるよう、サポートしてくださっている多くの方々に感謝したいと思います」

 今年12月に来日し、リサイタル4公演(東京・名古屋・大阪・札幌)のほか、新日本フィルとの共演も予定されている。また、来日に合わせ、新譜『バッハ・ワークス&リワークス』(2枚組)も12月4日に発売予定。

「グラモフォン・アワード2019」各部門の受賞者は以下の通り。

◎オーケストラ・オブ・ザ・イヤー:香港フィルハーモニー管弦楽団
◎レコーディング・オブ・ザ・イヤー:『サン=サーンス:ピアノ協奏曲第2番&第5番』(Erato)
 ベルトラン・シャマユ(ピアノ) エマヌエル・クリヴィヌ(指揮) フランス国立管弦楽団
◎ライフタイム・アチーブメント・アワード:エマ・カークビー(ソプラノ)
◎アーティスト・オブ・ザ・イヤー:ヴィキングル・オラフソン(ピアノ)
◎ヤング・アーティスト・オブ・ザ・イヤー:ヤクブ・ヨゼフ・オルリンスキ(カウンターテナー)
◎コンセプト・アルバム:『ソフトラウド(softLOUD)』(Delphian)
 ショーン・シベ(ギター)
◎レーベル・オブ・ザ・イヤー:Pentatone(オランダ)
◎スペシャル・アチーブメント:ビルギット・ニルソン財団(スウェーデン)

https://www.gramophone.co.uk/

*11月号のインタビュー記事もぜひご覧ください。
https://ebravo.jp/archives/59352

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]