【CD】シューベルト:即興曲集 作品90&作品142/中井正子

 ドビュッシーにラヴェル、ショパン、そしてバッハといった作曲家の作品を得意とする中井正子。彼女が今回挑んだのは、シューベルトの全ピアノ曲の中で最高傑作といっても過言ではない「即興曲集」。洗練された技巧、“ピアノを歌わせる”ことのできる、美しく変化に富んだ音色といった繊細なピアニズムが求められる作品群であり、ちょっとしたほころびが作品の“美”を壊してしまう危険を孕んでいる。しかしそこはさすがの中井。終始優雅な雰囲気を湛えた演奏を展開する。特にop.90-3や142-2といった旋律性豊かな作品でその美質を最大限に発揮。息の長い旋律が丁寧に紡がれている。
文:長井進之介
(ぶらあぼ2019年11月号より)

【information】
CD『シューベルト:即興曲集 作品90&作品142/中井正子』

シューベルト:4つの即興曲 op.90、同 op.142

中井正子(ピアノ)

コジマ録音
ALCD-7241 ¥2800+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ソウルのソさんを訪ねて | 川口成彦のフォルテピアノ・オデッセイ 第7回
      on 2020/02/17 at 01:00

      2018年、第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクールで見事第2位に入賞し、一躍脚光を浴びた川口成彦さん。現在、アムステルダムを拠点に演奏活動をおこなう傍ら、世界中の貴重なフォルテピアノを探し求めて、さまざまな場所を訪ね歩いています。この連載では、そんな今もっとも注目を集める若きフォルテピアノ奏者による、ほかでは読めないフレッシュな情報満載のレポートを大公開します! 第7回 ソウルのソさんを訪ねて [&#8230 […]