【CD】シンフォニック・トロンボーン/オラフ・オット

 1999年からベルリン・フィルの首席トロンボーン奏者を務めるオラフ・オットによる、全編オルガンとのアルバム。同編成の「オリジナル」(1曲はピアノ伴奏が原曲)、オルガンとのコラボならではの「教会音楽」、やはり相性が良い「バロック音楽」の3本立てという筋の通ったプログラミングがなされている。オットの壮麗にして豊潤な音はオルガンと絶妙にマッチ。深みがあってスケールが大きい、文字通りの“シンフォニック”な音楽が続いていく。同楽器の大定番ヘンデルの協奏曲をはじめとするスムーズなフレージングも感嘆の一語。荘厳かつ美しい好ディスクだ。
文:柴田克彦
(ぶらあぼ2020年1月号より)

【information】
CD『シンフォニック・トロンボーン/オラフ・オット』

ギルマン:交響的断章/コック:トロンボニア/ハーン:十人の乙女のたとえ/ヘンデル:協奏曲ヘ短調 HWV287/ヴィヴァルディ:ソナタ第1番 RV47、ラルゴ〜「協奏曲 ハ長調」RV443より/マルチェッロ:ソナタ第4番 op.1-4/クロル:シンフォニア・サクラ「イエス、わが喜び」

オラフ・オット(トロンボーン)
徳岡めぐみ(オルガン)

録音研究室(レック・ラボ)
NIKU-9024 ¥2800+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勉強することが好き。調べることが好き〜アマランタをめぐって| ヴィタリの心の歌 第6回
      on 2020/01/24 at 02:49

      F.P.トスティの作品は歌曲だけでも350以上です。あるインタビューのときに「トスティの歌曲の魅力、彼の特徴は何ですか?」と聞かれて、私はすぐに答えました。「トスティの歌曲の中で美しくない曲はありません」。 もちろん、「ラ・セレナータ」「マレキアーレ」など、カンツォーネのような曲が一番知られているけれど、トスティの素晴らしい才能をきちんと理解するためには彼の芸術歌曲を聴いた方がいいと思います。特に [&#8230 […]