弓 新 ヴァイオリンリサイタル

対照性著しい選曲と知的で熱いアプローチ

©Itaru Hirama

 ヨーロッパ各地で名教師に師事し、アルゲリッチや五嶋みどりと共演するなど、国内外での活躍が目立つヴァイオリニストの弓新が、青山音楽賞新人賞の研修成果披露演奏会に出演する。

 演目はグラス「ストラング・アウト」、佐藤聰明「歪んだ時の鳥たちⅡ」に、ブロッホ第1番とブゾーニ第2番のヴァイオリン・ソナタ。よほどのヴァイオリン愛好家でも、すべてを聴いたことのある人は少ないのでは。グラスと佐藤の作品は現代的だが聴きやすい作風ながら、都会的な前者と自然を感じさせる後者、その対照が興味深い。両ソナタも、民族的でワイルドな情熱と憂愁が込められたブロッホと、世紀の境目に作られた後期ロマン派の作風が美しいブゾーニ、やはり対照性を見出せる大作だ。

 弓の知的かつ情熱あふれる演奏でこそ聴きたいユニークな演目からは、彼の覚悟がひしひしと伝わってくる。現代作品を中心に成果を挙げている名ピアニスト、ヴラディミール・イヴァノフ=ラキエフスキーの存在も心強く、意義深い公演になるはず。
文:林 昌英
(ぶらあぼ2019年11月号より)

2016年度青山音楽賞新人賞受賞研修成果披露演奏会
弓 新 ヴァイオリンリサイタル
2019.11/10(日)15:00 京都・青山音楽記念館〈バロックザール〉
問:青山音楽記念館075-393-0011
https://barocksaal.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]