【CD】間宮芳生:オペラ《ニホンザル・スキトオリメ》/野平一郎&オーケストラ・ニッポニカ

 間宮芳生はシリアスな現代ものだけでなく、合唱・吹奏楽・劇伴などにも実に魅力的な音楽を書いている。それらに心を動かされた人は、半世紀以上前の歌劇《ニホンザル・スキトオリメ》にも、ぜひ歩みを進めてほしい。自らの美を絵に永遠にとどめようとした女王ザル、見たままを描いてしまう画かきザル(スキトオリメ)、偶像を信じて戦争に突入する民衆ザル…木島始の寓話に触発された若き間宮の想像力は、ルネッサンスやバロック、後期ロマン派、モダニズムといった過去の語法を旺盛に消化しながら、独自の世界へと昇華させている。日本オペラにおける重要作。蘇演に尽力した人々の健闘も讃えたい。
文:江藤光紀
(ぶらあぼ2019年11月号より)

【information】
CD『間宮芳生:オペラ《ニホンザル・スキトオリメ》/野平一郎&オーケストラ・ニッポニカ』

間宮芳生:オペラ《ニホンザル・スキトオリメ》全曲

野平一郎(指揮) 大槻孝志(テノール) 北川辰彦 山下浩司(以上バス・バリトン) 田崎尚美(ソプラノ) 原田圭(バリトン) 根本泰彦(俳優) ヴォーカルコンソート東京 コール・ジューン(以上合唱) オーケストラ・ニッポニカ

収録:2019年1月、すみだトリフォニーホール(ライヴ)
オクタヴィア・レコード
OVCL-00676(2枚組) ¥3500+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]