【CD】ファゴットとコントラファゴットの快楽/岡崎耕治&山田知史

 岡崎耕治と山田知史のファゴットとコントラファゴットによるデュオCD第2弾。地味な音の同族楽器同士だが、いざ聴いてみるとこの2つの楽器が同族楽器ゆえの親密かつ絶妙なコントラストを形成しており、ファゴット特有の温かく心地良い音色も相まってずっとこの世界に浸っていたいと思わされる。全曲が卓抜だが、中でも元々ホルンのデュオとして書かれたとされる曲ゆえ、そのファゴット・デュオ版も全く違和感のないモーツァルトの二重奏曲 K.487、そして機知に富み、ファゴットの持ち味を十全に活かし切っているダミアン・モンターノの手になる「組曲」が秀逸。
文:藤原 聡
(ぶらあぼ2019年11月号より)

【information】
CD『ファゴットとコントラファゴットの快楽/岡崎耕治&山田知史』

ブレーメル:アレグレット・オブスティナート、ディープ・バーガンディ/モーツァルト:12の二重奏曲 K.487/エルトマン:対話/オッフェンバック:二重奏曲集 第1番 ト長調 op.50/ヒンデミット:4つの小品/クニェジェク:二重奏曲 第1番・第2番/モンターノ:組曲 他

岡崎耕治(ファゴット)
山田知史(コントラファゴット)

マイスター・ミュージック
MM-4065 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 【レポート】武蔵野音楽大学 管弦楽団合唱団演奏会「荘厳ミサ曲」リハーサル取材
      on 2019/11/15 at 01:00

      若い学生たちが巨匠のタクトで ベートーヴェン「荘厳ミサ曲」に挑む    今年創立90周年を迎えた武蔵野音楽学園。初期には武蔵野音楽学校として認可され、戦後には音楽大学音楽学部としていち早く設置認可されるなど、昭和初期から激動の時代を乗り越え、永く日本の音楽界の重要な礎となってきた学び舎であり、ここから巣立った名音楽家も数多い。    90周年を記念する演奏会として開催されるのが、12月の「武蔵野音 [&#8230 […]