【CD】ファゴットとコントラファゴットの快楽/岡崎耕治&山田知史

 岡崎耕治と山田知史のファゴットとコントラファゴットによるデュオCD第2弾。地味な音の同族楽器同士だが、いざ聴いてみるとこの2つの楽器が同族楽器ゆえの親密かつ絶妙なコントラストを形成しており、ファゴット特有の温かく心地良い音色も相まってずっとこの世界に浸っていたいと思わされる。全曲が卓抜だが、中でも元々ホルンのデュオとして書かれたとされる曲ゆえ、そのファゴット・デュオ版も全く違和感のないモーツァルトの二重奏曲 K.487、そして機知に富み、ファゴットの持ち味を十全に活かし切っているダミアン・モンターノの手になる「組曲」が秀逸。
文:藤原 聡
(ぶらあぼ2019年11月号より)

【information】
CD『ファゴットとコントラファゴットの快楽/岡崎耕治&山田知史』

ブレーメル:アレグレット・オブスティナート、ディープ・バーガンディ/モーツァルト:12の二重奏曲 K.487/エルトマン:対話/オッフェンバック:二重奏曲集 第1番 ト長調 op.50/ヒンデミット:4つの小品/クニェジェク:二重奏曲 第1番・第2番/モンターノ:組曲 他

岡崎耕治(ファゴット)
山田知史(コントラファゴット)

マイスター・ミュージック
MM-4065 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]