【メルマガ読者プレゼント】『カルティエ、時の結晶』 ご招待券

 1847年にフランス・パリで創業した、世界を代表するジュエリーメゾン「カルティエ」。創造の可能性を追求するデザイナーたちと、卓越した職人技術によって結実したカルティエの作品群から、1970年代以降の現代作品のデザインに焦点を当てた世界初の展覧会「カルティエ、時の結晶」が、12月16日まで国立新美術館で開催されている。
 WEBぶらあぼでは、本展覧会に抽選で「ぶらあぼメールマガジン」読者限定5組10名様をご招待。

《ネックレス》 カルティエ、2018年
ゴールド、ダイヤモンド、エメラルド、スピネル、ガーネット、
ターコイズ、オニキス
個人蔵 Vincent Wulveryck
© Cartier

 カルティエは、過去から継承されてきた伝統とモダニティ、飽くなき好奇心をインスピレーション源としながら、それぞれの時代に呼応したデザインを生み出し続け、究極の美を追求しているメゾン。また、メゾンの歴史とその創作の芸術的な発展の証しとして、過去のアーカイブの保存と分析にも力を入れている。ジュエリー、時計など価値のある作品を収集し、1983年には「カルティエ コレクション」を創設。1860年代から1990年代の作品で構成された3000点をも超える一大コレクションは、宝飾品としての枠組みを超え、人類の芸術文化遺産としても貴重な資料となっている。

《大型の「ポルティコ」ミステリークロック》
カルティエ パリ、1923年
ゴールド、プラチナ、ロッククリスタル、ダイヤモンド、
コーラル、オニキス、ブラックエナメル
カルティエ コレクション Marian Gérard, Cartier Collection
© Cartier

《ヘア オーナメント》 カルティエ パリ、1902年 
プラチナ、ダイヤモンド カルティエ コレクション Nils Herrmann, Cartier Collection © Cartier

 その価値を広く共有するため、1989年から世界各地で展覧会を開催。日本ではこれまでに95年(東京都庭園美術館)、2004年(京都・醍醐寺)、09年(東京国立博物館・表慶館)に開催された。
 過去に開催された展覧会は、いわゆる「カルティエ コレクション」の歴史的な作品を壮観するものであったが、本展覧会では「カルティエ コレクション」とともに、特に1970年代以降に制作された現代作品に焦点を当て、カルティエの創作活動における革新性、現代性、独自性などメゾンが築き上げてきた歴史を紹介する世界初の展覧会となる。

 「時間」をテーマに、「色と素材のトランスフォーメーション」「フォルムとデザイン」「ユニヴァーサルな好奇心」の3章構成で、展示総数約300点のうち、およそ半数は通常公開されることのない個人所蔵作品となり、貴重な機会となる。

《ネックレス》 カルティエ、2016年 
プラチナ、ホワイトゴールド、計60.32カラットのコロンビア産ペアシェイプ エメラルド 2個、
エメラルド、サファイア、ルビー、ダイヤモンド 個人蔵 Vincent Wulveryck © Cartier

 会場構成は、杉本博司と榊田倫之によって2008年に設立された「新素材研究所」が手掛けることも注目。彼らが美術展の会場構成を本格的に手がけるのは今回が初めてという。
 新素材研究所は、古代や中世、近世に用いられた素材や技法を研究し、それらの現代における再解釈と再興を活動の中核に据えている。彼らがこだわる無垢素材の木や石、ガラス、川島織物セルコンと特別に開発したファブリックを用いて、「鉱石が眠る深い地底にわずかな光が差し込むようなイメージ」で他に類を見ない空間に作品が並ぶ。
 「旧素材こそもっとも新しい」という理念のもと、伝統的な職人の技術と最新技術とを融合させる2人が生み出す新たな鑑賞空間で、カルティエのイノヴェーションに満ちたデザインの世界を堪能したい。

会場イメージ 序章「時の間」
新素材研究所
© N.M.R.L. / Hiroshi Sugimoto + Tomoyuki Sakakida

【展示風景より】

■Information
カルティエ、時の結晶
会期:2019年10月2日(水)~12月16日(月)
場所:国立新美術館 企画展示室2E
休館日:毎週火曜日
 ※ただし、10月22日(火・祝)は開館、10月23日(水)は休館
開館時間:10:00~18:00(毎週金・土曜日は20:00まで)
 ※入場は閉館の30分前まで
料金:一般 1,600円/大学生 1,200円/高校生 800円/中学生以下無料
公式サイト https://Cartier2019.exhn.jp/


■プレゼント応募方法
●応募締切:2019年10月9日(水)まで
●応募には「ぶらあぼメールマガジン」の会員登録(無料)が必要です。
 登録がお済みでない方は、登録フォームよりご登録ください。
 応募にはメールマガジンに記載の「応募キーワード」が必要となります。

 *ご登録後、メールマガジン配信までにお時間をいただく場合がございます。
 *当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 11/13 新居由佳梨(ピアノ) 公演にむけたメッセージ
      on 2019/10/18 at 15:40

      ピアニストの新居由佳梨が、11月13日に東京オペラシティ リサイタルホールでソロとデュオ(共演はチェロの西谷牧人)のリサイタルを開催する。フランクとバッハを核とした内容となっており、今回の公演にあたり、メッセージをいただきました。 【動画メッセージ】新居由佳梨 ピアノリサイタル ぶらあぼ本誌11月号&WEBぶらあぼでもインタビュー記事を公開中。 新居由佳梨(ピアノ) profile 新居由 [&#8230 […]